FC2ブログ

中途失聴・難聴者手話講習会

2018.11.07 11:58|お知らせ
以下、奈良県聴覚障害者協会よりお知らせです。

*****************************************************

中途失聴・難聴者手話講習会

期 間 平成30年12月7日(金)~平成31年3月8日
    13:30~15:30
場 所 奈良県聴覚障害者支援センター
対象者 奈良県内在住の中途失聴・難聴者とその家族及び支援者等
参加費 無料

お問い合わせ
  奈良新聞社企画部 中途失聴・難聴者手話講習会係
     TEL 0742-32-2112
     FAX 0742-32-2771
     メール planning@nara-np.co.jp

gyoji20181207.jpg
スポンサーサイト

娘の難聴分かっていれば…小5で判明、遅れた療育 新生児検査「異常なし」に盲点

2018.11.05 11:03|情報
以下、西日本新聞 より引用

*****************************************************

「小学5年の娘が、最近になって難聴だと分かりました」。
福岡県内のゆり子さん(30代、仮名)から、無料通信アプリLINE(ライン)を通じて特命取材班に相談が寄せられた。
生後間もなく、耳の聞こえを調べる新生児聴覚スクリーニング検査を受けた際は「異常はなかった」という。
どういうことか。

■小5で判明、遅れた療育

「2歳になっても全くしゃべらなかった」というゆり子さんの娘。名前を呼んでも反応がなかったという。
「新生児聴覚検査では異常なしだったし、娘の背後で物音を立てると振り向くので『やっぱり聞こえてる』と思っていた」。
保育士や言語聴覚士などに相談したところ、知的障害の疑いを指摘された。

知的障害の特別支援学校に入学した後、病院に足を運んだものの、医師の見解は
「言葉が出ないのは知的障害のためでしょう」。ゆり子さんはその言葉を受け止めるしかなかった。

娘が小学5年になった今年、担任教諭から「耳が聞こえていないと思う。口元を見ている」と指摘された。
聴覚のありとあらゆる検査を受けようと決心し、やっと、難聴の一種「オーディトリー・ニューロパチー」であると分かった。
加我君孝東大名誉教授によると
「音自体は聞こえるが、不明瞭に聞こえるため、言葉として聞き取ることができない」のが特徴という。

      ■

なぜ、新生児聴覚検査で分からなかったのか。

新生児聴覚検査は、自動ABR(自動聴性脳幹反応)とOAE(耳音響放射)の2種類。
加我名誉教授は「オーディトリー・ニューロパチーはOAEだと正常と出る。
『何も悪くない』と言われやすいが、断言しては駄目なんです」。OAEで調べられるのは内耳まで。
一方、自動ABRは内耳と聴神経を同時に調べることができるため、検査に引っ掛かるという。
ゆり子さんの娘はOAEを受けていた。

厚生労働省は既に、都道府県などに対し「検査は自動ABRで実施することが望ましい」と呼び掛けている。
日本耳鼻咽喉科学会も同様に推奨しているが、自動ABRの検査機器は約250万円。
OAEは約100万円強で、検査がより短時間で済むことなどから、普及が進んでいない。

大分県によると、同県内の検査実施施設のほとんどはOAEを採用し、
福岡県では分娩(ぶんべん)を扱う診療所88施設の約半数はOAEという。
長崎県では、2016年度に同県で生まれて検査を受けた新生児9848人のうち、約4人に1人がOAEを受けている。

      ■

今まで知的障害児として教育をしていた娘に、手話を教え始めたというゆり子さん。
みるみる上達する娘を見ていると「知的障害の程度は、実は軽かったのではないか」
「自動ABRを受けられていたら、今ごろ話せていたかもしれない」と思わずにいられない。

九州大医学部耳鼻咽喉科の中川尚志教授は
「適切な時期に適切な介入をしていれば、二次的な知的障害が防げ、障害が今より軽減されていた可能性がある」と話す。

「障害は不便だけど不幸じゃない。けれど、周りの大人が不便に気付いてあげられないのは、
子どもにとって不幸ではないでしょうか」とゆり子さん。
自動ABRの普及とともに、親や医師、教育関係者ら子どもに関わる全ての大人に、この難聴を広く知ってもらうことが願いだ。



◆オーディトリー・ニューロパチー
1996年に論文発表された「新しい難聴」。
九州大医学部耳鼻咽喉科の中川尚志教授によると、通常、空気の振動である音は鼓膜で受け止められ、
内耳にある有毛細胞で電気信号に変換。
信号は有毛細胞からシナプスを介して聴神経で運ばれて脳に伝わり、言葉として認識できる。
オーディトリー・ニューロパチーの場合、内耳までは正常だが、有毛細胞から聴神経に信号の伝達がされない、
もしくは聴神経がうまく機能せず、信号が十分運ばれないことが原因とみられる。
「1000人に1、2人とされる先天性難聴の5%程度」とする海外文献もある。

盲ろう者も対話可能に 視覚障害者らがアプリ開発

2018.11.02 10:50|情報
以下、朝日新聞DIGITAL より引用

******************************************************

目と耳が不自由な人たちがコミュニケーションをとれる無料アプリを東京都練馬区の視覚障害者、長谷川貞夫さん(84)が
考案し、ウェブデザイナーの高岡健吾さん(51)らの協力で実用化した。
点字の構成を応用してメッセージを送り、振動で読み取るしくみ。
触手話など互いに触れて対話する従来の方法とは違い、通信を使って対話できるのが特長だ。

全盲の長谷川さんは31歳のときから東京教育大付属盲学校(現・筑波大付属視覚特別支援学校)で教員として働き、
視覚障害者向けのワープロやパソコンの開発にも携わった。
「盲ろう者は通信手段がなく取り残されている」と感じ、長年盲ろう者向けのものを作ろうと考えてきた。

今回開発したアプリ「ザ・ブレイル」では、スマートフォンの画面の左側に1~3、右側に4~6の数字が並ぶ。
点字と同様、6個の点を組み合わせて50音を表現するしくみだ。
伝えたい文字の点6点の組み合わせを指でなぞって一筆書きして入力。

中央のボタンをタップして送信すると、一文字につき2~6回(1~6秒)の振動の長短で伝えられる。
点字が理解できれば、目が見えず耳も聞こえない「盲ろう者」と視覚障害者はこのアプリを使うことができる。

センターからのおしらせ(2018/11)

2018.11.01 10:33|お知らせ
奈良県聴覚障害者支援センターは
11月26日(月)と27日(火)
職員研修のため休所いたします。

ご了承くださいませ。

大人の耳鳴り、薬は効かず 患者1千万人、初の診療指針

2018.10.23 09:01|情報
以下、朝日新聞DIGITAL より引用

*****************************************************

大人の10人に1人以上が抱えている「耳鳴り」の診療に関する国内初の指針案を日本聴覚医学会がまとめた。
18日、神戸市であった大会で概要を発表した。
耳鳴りの多くは薬による治療は効果がなく、カウンセリングを丁寧にして
耳鳴りとうまく付き合えるように支援することの重要性を強調している。

耳鳴りは外に音源がないのに、自分の耳の中で音が聞こえる状態。
米国の診療指針(2014年)では、耳鳴りの経験がある人は成人の10~15%とされ、
日本には1千万人以上いるとみられる。
ストレスや難聴、耳の病気のほか、原因がよくわからない場合もある。
多くは回復が難しく、症状を和らげながらうまく付き合うことが必要だ。

指針では、治療の際にまずカウンセリングをすることを推奨した。
耳鳴りの原因や付き合い方を知ることで、患者が覚える不安や苦痛を軽くできる場合も少なくないと指摘した。

厚労省 障害者手帳をカードでも 来年度から希望者に

2018.10.22 08:50|情報
以下、毎日新聞 より引用

*****************************************************

障害がある人が持つ「身体障害者手帳」と「精神障害者保健福祉手帳」が
来年度から、希望者にはカードで交付されるようになる。
紙製より耐久性があり、持ち運びに便利なカードへの変更を求める声が上がっていた。
厚生労働省が、社会保障審議会の部会の了承を得た上で、政令を改正する。

両手帳は身体障害者福祉法と精神保健福祉法に規定され、政令で様式が決められている。
本人の申請を受けて都道府県や政令市などが交付し、取得者は電車やバスなど
公共交通機関の料金割引や所得税控除などの優遇措置を受けられる。
2016年度末時点の取得者は身体障害者手帳が約515万人、精神障害者保健福祉手帳が約92万人。

カードへの記載項目は氏名や住所、障害の程度などを想定している。
カードを希望しなければこれまで通り紙製の手帳を交付する。

知的障害者に交付される「療育手帳」は、国の通知に基づいて都道府県や政令市が独自の体裁で発行できるため、
既に一部の自治体がカード化している。

日本語字幕版上映スケジュールのご案内

2018.10.19 19:36|字幕付映画
東宝株式会社 西日本映画営業部より、情報提供です。

*****************************************************

「スマホを落としただけなのに」 日本語字幕版上映劇場

奈良県 TOHOシネマズ橿原
2018年12月2日~12月5日(4日間)

FAX 0744-21-6060

なお、変更がある場合もございます。
上映回数・上映開始時間も含め、
お出かけの際は念のため各劇場に
ご確認くださいますよう、よろしくお願いします。

ハーバリウム教室

2018.10.17 19:41|行事報告
10月3日(水)
支援センター交流スペースにおいて
講師の三輪 薫 先生をお招きし、
奈聴協女性部共催の「ハーバリウム教室」を行いました。
参加者は9名。

ハーバリウムとは、「植物標本」の意味です。
プリザーブドフラワーやドライフラワーをガラスボトルに入れ、
それを専用のオイルに浸け込んで、インテリア雑貨に仕上げます。

ハーバリウム2

先生が、あらかじめ説明ボードを用意してくださっていました。
これを参考に、みんなでトライ!

ハーバリウム1

いろんな種類の花の中から好きな花を選び、
色や形の組み合わせを決めて、ガラスボトルに入れます。

あんまり詰め込むと、窮屈に見えて綺麗にならないので、
隙間をあけたほうがいいですよ と、アドバイスをうけました。

ハーバリウム3

何日か経つと、花びらなどの透明度が増し、少しイメージが変わるとのこと。
見た目は簡単そうだけれど、意外と難しかったです。

「LGBTは生産性がない」発言に潜む、他者と比べてしまう人間の性。そこから見えてきたものとは

2018.10.09 17:13|情報
以下、Yahoo!ニュース より引用

****************************************************

今年の夏、「新潮45」8月号に寄稿された杉田水脈議員の「LGBTは生産性がない」発言は様々なところで波紋を広げました。

国会議員という立場でありながら「LGBは、嗜好のようなもの」(「新潮45」)原文ママ)と間違った認識をし、
「生産性」という言葉で人をはかる価値観を露呈したからです。
それに対して抗議の声を上げたのは、LGBTの人達だけではありません。
難病患者・障害者、そして、街の人々の思いを取材しました。

◇LGBは性的指向であり、嗜好ではない

ここ数年、今まで見えないことにされていたLGBTがテレビや新聞で取り上げられる頻度は上がっています。
電通ダイバーシティ・ラボの調査によると日本では13人のうち1人がLGBTと言われています。
企業や学校ではLGBTの社員や児童生徒への理解普及、環境整備が進められています。

このような社会の流れに対して、国会議員という立場にありながら、
好きになる性の指向を「嗜好」と間違えて公言することは、LGBTへの差別意識を深めることにつながります。
本来、国会議員ならば、率先してLGBTの人権を認め、社会の壁を見極めて取り除き、
法や環境の整備を推し進めるべきではないでしょうか。

◇抗議したのはLGBTの人達だけではない

障害者・難病患者の「生きてく会」は8月に都内で記者会見を開き、杉田議員の発言に対して抗議の声を上げました。
「生産性がないLGBTに税金を投入することは果たしていいのかどうか」という考えは、
一昨年の相模原障害者殺傷事件の植松被告の「日本には金がないのだから、
社会の役に立たない心失者(障害者)を活かしておく余裕はない」という発言と同質であり、
その根底には優生思想が流れています。
そうした思想を肯定する人々がいることに彼らは危機感を募らせています。

会見に出席した内山裕子さんは、ギラン・バレー症候群の後遺症があり、
現在も薬による治療をしているため、子どもを産むことができません。
記者会見では自身の経験を話し、重度の障害があるために子どもを産むことができない人など、
多くの人が傷ついていることを伝えました。

ALS患者である、JPA(日本難病・疾病団体協議会)の岡部宏生理事は、
誰しも病気や障害をもつ可能性はあり、当事者の目線を持って今回の発言を捉えて欲しいと訴えました。

「生きてく会」は、社会的少数派への行政支援のあり方を議論する前に、
まず共通の理解を深める場が必要だと考えています。
10月半ばには与野党の国会議員、少数派当事者、支援者の間で
「政治から差別発言をなくすために私たちができることは?」というテーマに意見交換を行う予定です。

◇一般市民の声

杉田議員の「生産性がない」発言について街の人はどのように感じたのでしょうか。

飲食店を経営する田島慶一さんは、「『生産性』は『作る』という意味だから、人に当てはまらない」と言い、
人を機械のように「生産性」という軸で評価することに疑問を投げかけます。
その上でサラリーマンだった時、周囲と比べる評価制度がストレスになり、うつ病になったことを打ち明け、
人は人の上に立ちたい思いが根底にあると思うと評価社会への複雑な胸の内を話しました。

◇評価社会から本来の「わたし」を取り戻すために

私が今回の取材で感じたのは、「生産性」で人をはかる発言の根底にあるのは、
行き過ぎた評価社会の表れではないかということです。
もちろん、人は誰もが認められたい、人の役に立ちたいという思いが大なり小なりあり、
その感情は働きがい、生きがいに結びつく場合もあります。
しかし、その度が過ぎると理想から遠ざかってしまった時、自分は価値がないと感じたり、追い込んだりすることになります。

そして、その度が過ぎた思考が自己だけでなく他者との関係性に持ち込まれた時、
高齢者、障害者など「弱者」とされている人達への差別意識や偏見、排除につながります。
このような思想を内面化させると自分が「弱者」になった時に「私は役に立たない人間」という刃となり、
今度は自分に向けてしまうのです。

人は社会的な動物である以上、評価したり、されたりしながら生きていくことから逃れられません。
だからこそ、自分の「ものさし」はどのように形作られているのかを見つめ、問い直し、語り直していく。
この作業が誰もが生きやすい社会づくりへの一歩となるのではないでしょうか。

日本語字幕版上映スケジュールのご案内

2018.10.05 17:29|字幕付映画
東宝株式会社 西日本映画営業部より、情報提供です。

*****************************************************

「億男」 日本語字幕版上映劇場

奈良県 TOHOシネマズ橿原
2018年11月4日~11月7日(4日間)

FAX 0744-21-6060

なお、変更がある場合もございます。
上映回数・上映開始時間も含め、
お出かけの際は念のため各劇場に
ご確認くださいますよう、よろしくお願いします。
| 2018.11 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ