日本語字幕版上映スケジュールのご案内

2018.05.18 13:04|字幕付映画
東宝株式会社 西日本映画営業部より、情報提供です。

*****************************************************

「OVER DRIVE」 日本語字幕版上映劇場

奈良県 TOHOシネマズ橿原
2018年6月24日~27日(4日間)

FAX 0744-21-6060

なお、変更がある場合もございます。
上映回数・上映開始時間も含め、
お出かけの際は念のため各劇場に
ご確認くださいますよう、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

平成29年度 頒布作品(DVD)

2018.05.16 18:12|ライブラリー・DVD
DVDが入荷しました。

ラインナップはホームページにPDFであげてありますので、参考にしてください

日本語字幕版上映スケジュールのご案内

2018.05.14 17:17|字幕付映画
東宝株式会社 西日本映画営業部より、情報提供です。

*****************************************************

「恋は雨上がりのように」 日本語字幕版上映劇場

奈良県 TOHOシネマズ橿原
2018年6月10日~13日(4日間)

FAX 0744-21-6060

なお、変更がある場合もございます。
上映回数・上映開始時間も含め、
お出かけの際は念のため各劇場に
ご確認くださいますよう、よろしくお願いします。

手話通訳の依頼、大阪府が断る「筆談で」 職員ら処分

2018.05.10 16:20|情報
以下、朝日新聞DIGITAL より引用

*******************************************************

聴覚障害があり、大阪府内で聴導犬の訓練業を営む女性が昨年7月、
動物取扱業の登録更新手続きをする際に手話通訳者の手配を大阪府に依頼したが断られた。
府は当時の対応は障害者差別にあたるとして、担当職員ら7人を訓告などの処分にした。

府によると、動物取扱業は5年おきに更新手続きが必要で、女性は昨年9月の更新期限が迫っていた。
女性は当時、府環境農林水産部の担当者に3回にわたってメールで手話通訳を依頼したが、
「筆談でお願いしたい」と断られたという。女性は自ら通訳者を手配して更新手続きをした。

2016年施行の障害者差別解消法では、行政機関に対して障害者に合理的配慮をするよう義務づけている。
女性が府の別部署に相談して発覚し、府は昨年8月に女性に謝罪した上で、
今年3月8日付で担当者や上司ら7人を処分した。

「手話は言語」相次ぐ条例制定 障害の理解深めて

2018.05.07 16:21|情報
以下、朝日新聞DIGITAL より引用

*****************************************************

手話を言語として認め、理解促進と普及を目指す「手話言語条例」を、
岡山市や笠岡市など4市が今春、相次いで制定した。
昨年制定した高梁市、玉野市と合わせ、岡山県内で計6市となった。
新たに条例を作った各市の状況を紹介する。

手話条例、岡山市が制定

笠岡市議会は3月定例議会の最終日に「手話言語条例」案を全会一致で可決した。
傍聴席で議事進行を真剣な表情で見つめていた聴覚障害者や地元手話サークルの人たち約20人は、
可決の瞬間、ふっと顔を緩め、笑みを浮かべた。

市担当者によると、市内には聴覚障害者が約220人おり、
そのうち21人が手話を主なコミュニケーション手段にしている「ろう者」だ。
今回制定された市の条例は前文で「ろう者とろう者以外の者が相互に人格と個性を尊重し、
手話を使って地域で安心して暮らすことができる共生社会を目指す」と宣言している。

聴覚障害者の被害実態把握へ

2018.03.19 18:57|情報
以下、奈良新聞より引用

****************************************************

旧優生保護法(1948~96)下で障害などを理由にした不妊手術が繰り返された問題で、
「全日本ろうあ連盟」(東京)が月内に、強制などの被害実態を把握するため、
聴覚障害がある人を対象とする初の全国調査に乗り出すことが17日、分かった。
旧法下で結婚した恒例の夫婦らに直接会う方式での実施を予定。
連盟は「救済に向けた動きが出始める中、被害を訴えたい人が取り残されないようにしたい」としている。

旧法は、知的障害や精神疾患のほか、聴覚障害者や視覚障害者への不妊手術を認めていた。
連盟によると、親などに説得されたり、だまされたりして手術をうけさせられた人も多いという。

全国調査は、都道府県の加盟団体を通じて行う。
不妊手術や人工妊娠中絶の有無や手術に至る経緯などを聴き、6月までに結果をまとめる。
家族の問題が絡むため言い出しにくいケースも考えられ、打ち明けやすいよう本人との個別の対面方式にする。

全日本ろうあ連盟の会員数は2017年3月末時点で約1万9千人。
旧法下での不妊手術についてはすでに静岡、愛媛、福岡など十数人の被害が確認されているという。

久松三二事務局長は「社会に差別され、排除され、不妊手術をうけさせられた。これは国家の犯罪だ。
 国が謝罪することが大切で、そのためにもどのような被害があったか調べたい」と力を込めた。

交通安全標識設置

2018.03.15 18:29|情報
以下、奈良新聞 より引用

*****************************************************

大和郡山市丹後庄町の県立ろう学校(永安直子校長)は13日、
生徒が制作した交通安全標識「とびだし坊や」(高さ133センチ)を
同校通学路に設置した。

同標識は車の運転手に歩行者への注意を促すのが目的で、
滋賀県の久田泰平さんが原作。
今回、久田さんの承諾を得て、高等部産業システム化1年の
三谷和優さん(16)と和田大輝さん(16)が制作した。

耳に補聴器などを装用した‘ろう学校バージョン’の「とびだし坊や」で、
和田さんは「補聴器と人工内耳が目立つよう、色を明るくした」。
三谷さんは「(ドライバーに)障がいのある子どもたちがいるということを分かってほしい」
と話していた。

壮観500体 - 高取で雛めぐり

2018.03.03 18:20|情報
以下、奈良新聞 より引用

*****************************************************

城下町の街並みが残る高取町の「土佐街道」周辺で、今年も各家の雛(ひな)人形を公開するイベント
「町家の雛めぐり」(天の川実行委員会主催、NPO法人住民の力共催)が始まった。31日まで。

平成19年に始まり、今年で12回目。町家や商店など約100軒が思い出の詰まった雛人形を飾っている。

メイン会場に設けられた、17階段約500体の「天段の雛」はまさに壮観。
人形供養を終えた雛による「福よせ雛」は来訪者の心を和ませる。

観覚寺地区の住民が手作りした高さ約5メートルのジャンボ雛をはじめ、
各地区にはえとの戌(いぬ)雛やミニジャンボ親子雛なども設置。
高さ1メートルのこけし雛30体も各所に飾られている。

問い合わせは観光案内所「夢創舘」、電話0744(52)1150。

日本語字幕版上映スケジュールのご案内

2018.02.17 14:05|字幕付映画
東宝株式会社 西日本映画営業部より、情報提供です。

*****************************************************

「映画ドラえもん のび太の宝島」  日本語字幕版上映劇場

奈良県 TOHOシネマズ橿原
2018年3月25日~28日(4日間)

FAX 0744-21-6060

なお、変更がある場合もございます。
上映回数・上映開始時間も含め、
お出かけの際は念のため各劇場に
ご確認くださいますよう、よろしくお願いします。

聞こえない世界で/5止

2018.02.09 12:56|制度
以下、毎日新聞 より引用

*****************************************************

◆取材後記 手話通訳介し4回6時間半 双方向性あっての共生

「聞こえない人が地元で普通にあいさつして、誰かとつながる」。
県聴覚障害者協会の嘉田眞典さん(53)=三田市ゆりのき台=が目指すそんな社会を実現するためには、
聞こえる人の理解と協力が不可欠だ。
嘉田さんを含め、昨年から聴覚障害のある人への取材を続けてきて、その思いを強めている。

昨年12月、県内のろう者の男性に取材を試みた。ファクスで取材依頼を送ったが、反応が無い。
男性宅を訪れ、簡単な筆談や手ぶり身ぶりで会話すると、男性は「文章は読めるけど、書くのは苦手」。
だからファクスは返せなかった。聴覚障害者の中には、日本語は第2言語という人もいる。
手話を母語とする人が、誰でも日本語に通じているわけではないと知った。自分の先入観に気付かされた瞬間だった。

嘉田さんへの取材を始めたのも、同じ頃からだ。
12月下旬から計4回の取材を重ねて、取材時間は計約6時間半に及んだ。
記者は手話ができないため、協会の方の手話通訳を介しての取材だった。

「小学校の頃、朝はどうやって起きていたんですか」と質問した時、嘉田さんは
「朝食のみそ汁の匂いとか、家族に起こされた」。
逆に、「聞こえる人は、(食材を切る)包丁の音で起きるんでしょう?」と尋ねてきた。
包丁の音では小さくて起きられないと、その場は笑いが起きたが、印象的な話だった。

聞こえない世界がどんなものかと、想像しながら取材を重ねてきた。
逆に、嘉田さんも聞こえる世界を想像することがある。
「ドアの開け閉めの音がうるさいと言われたことがあって、音のマナーがあると知った。
 聞こえる人と交流して気付かされることがあるんです」。交流して初めて気付かされることがある。
それは、まさに記者が取材を通して「聞こえない世界」に対して感じてきたことでもあった。

補聴器を付けたり手話で話したりする聴覚障害者を、電車の中や街中で何度も見かけてきた。
だから同じ社会で共に生きているのだと思っていた。交流したことは、取材を始めるまで一度も無かったのに。

聴覚障害者の多くは、音声言語の日本語を土台に成り立つこの社会に、適応するように生きている。
他方、聞こえる人は、聞こえない世界をどれだけ、より正確に想像できているだろうか。
聞こえない世界と聞こえる世界を想像し合い、お互いに知ろうとすること。
その双方向性があってこそ、私たちは共に生きていける。
| 2018.05 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ