FC2ブログ

調べよう!バリアフリーと福祉用具 3 点字・盲導犬ほか

2019.04.06 14:16|情報
以下、ハイブリッド型総合書店 honto より引用

*****************************************************

3 点字・盲導犬ほか

誰もが暮らしやすい社会とは?
点字など「見る」ことを助ける福祉用具の種類と役割、バリアフリーの仕組みや技術を紹介する。
コピーして使える「こまることチェックシート」付き。【「TRC MARC」の商品解説】

目の不自由な人といっても、状態はさまざまです。
まったく見えない全盲の人もいれば、部分的に見えにくかったり、色が見分けづらかったりする人もいます。
生まれつき見えない人も、事故や病気で目が見えなくなった人もいます。

目の不自由な人を助ける道具も、点字や白杖だけではありません。
文字を拡大する道具や、文章を読んでくれる道具、最近はスマートフォンも大活躍していますし、
頼れるパートナー・盲導犬もいます。

目の不自由な人の生活にはどんな「バリア(障壁)」があり、それを乗り越えるためどんな用具を使って生活しているのか、
写真や図を使って分かりやすく紹介します。
そうしたことを通して、誰もが暮らしやすい社会のため、私たちに何ができるのか、いっしょに考えましょう。

もくじ
はじめに/いろいろな「見えない」/点字/指点字/家の中のバリアフリー/電子書籍やデジタル教科書/
くらしの中のバリアフリー/出かけたときに使うもの/色の見え方のちがい/建物内の歩行を助ける誘導マット/
音声で使いこなせる情報機器/スポーツに使われる用具/バリアフリーを助ける技術/盲導犬/災害時に役立つ用具/
避難先でこまること/心のバリアフリー/この本を読んでくれたみなさんへ/こまることチェックシート/さくいん【商品解説】

4 手話・聴導犬ほか

誰もが暮らしやすい社会とは?
手話など「聞く」ことを助ける福祉用具の種類と役割、バリアフリーの仕組みや技術を紹介する。
コピーして使える「こまることチェックシート」付き。【「TRC MARC」の商品解説】

耳の不自由な人々の言語「手話」はどのようなものなのでしょう。
また、会話以外にも大切なさまざまな音による情報を、どうやって得ることができるのでしょう。
たとえ音は聞こえても、言葉や特定の音をうまく聞き取ることができない、聞こえのわるい人もたくさんいます。

手話や指文字から、補聴器、音声を文字にしてくれる最新の技術まで。
耳の不自由な人を助けるくふうを、写真や図で詳しく紹介します。
たとえ手話が出来なくても、メモ書きや、口をはっきり動かして話すことで、私たちにも手助けできるかもしれません。
いざというとき私たちに何ができるか、考えてみましょう。

もくじ
はじめに/耳が不自由であること/手話/耳の不自由な人の会話の仕方/指文字/家の中のバリアフリー/
くらしの中のバリアフリー/ろう学校の先生/スポーツに使われる手話や用具/デフリンピック/
進化し続けている耳の不自由を補う技術/バリアフリーを助ける技術/聴導犬/心のバリアフリー/
緊急時の通報システム/この本を読んでくれたみなさんへ/こまることチェックシート/さくいん【商品解説】
スポンサーサイト

光と音失って貫いた30年 3月に結婚、夫に見せた最期

2019.04.04 09:12|情報
以下、朝日新聞DIGITAL より引用

*****************************************************

難病で目も見えず耳も聞こえなくなりながら、大学を卒業し、ブログなどでの発信が共感を集めてきた
荒美有紀(みゆき)さんが、3月30日、東京都内の病院で亡くなった。30歳だった。
3週間前に岡本武(いさむ)さん(28)と結婚し、「岡本美有紀」になったばかりだった。

荒さんは16歳の時、体中の神経に腫瘍(しゅよう)ができる「神経線維腫症2型」を発症。
明治学院大在学中に全盲、全ろうになって光と音を失い、歩行が困難になり、車いすを使うようになった。
コミュニケーション手段として指点字を習得し、周囲の支えも得て2014年に卒業した。
東京盲ろう者友の会理事を務め、講演などで盲ろう者への理解を広げる活動もしてきた。

ブログでは、生きることのつらさと喜びを率直につづった。
15年には自著「手のひらから広がる未来 ヘレン・ケラーになった女子大生」を朝日新聞出版から出した。

新元号「令和」手話が決定 未来に向かって花開くように

2019.04.03 09:05|情報
以下、朝日新聞DIGITAL より引用

未来に向かって花開くように――。
京都市右京区の社会福祉法人「全国手話研修センター」は2日、新元号「令和」の手話表現を発表した。
片手を前に動かしながら、すぼめた指を緩やかに開く動作で、花のつぼみが未来に向かって咲く様子を表現したという。

同センターは厚生労働省の委託を受け、新しい日本語に対応する手話の開発を担っている。
1日の新元号発表後、ベテラン通訳者らが手話表現を協議。典拠となった「万葉集」の梅の花の歌の序文をイメージし、
指先から香りを放つような表現に決めた。

手話では、体から前の空間は「未来」を意味する。
同センターの常務理事、小出新一さん(70)は「未来に花開くイメージで動作も簡単。私たちも気に入っている」。
センターが2日午後にホームページに動画を載せたところ、30分間で5千件ものアクセスがあった。
小出さんは「令和への関心はもちろん、表現にも共感してもらえたのではないか」と話している。

手話で救急時サポート 函館の消防団、通訳11人加入 国内2例目

2019.04.02 13:47|情報
以下、北海道新聞 より引用

*****************************************************

函館市消防本部の消防団に1日、特定の活動を行う「機能別消防団」の一員として手話通訳者11人が新たに加わった。
総務省消防庁によると、機能別消防団で手話通訳者が組織的に活動するのは、沖縄県うるま市に続いて国内2例目。

函館聴覚障がい者協会によると、昨年9月に発生した胆振東部地震に伴う全域停電(ブラックアウト)の際、
テレビやスマートフォンが使えなかったため、多くの聴覚障害者が状況を把握できなくなった。
同協会は手話ができる消防団員の確保を要請。
市は、同11月に発足した外国人通訳を専門とする機能別消防団「通訳サポーター」に、手話通訳者を加えることにした。

奈良県知事選挙の政見放送日程について

2019.03.21 09:42|情報
以下、奈良県ホームページより 引用

*****************************************************

2019seiken.jpg
奈良県ホームページは こちら

*****************************************************

東日本大震災を忘れない ~8年を経て~ 3.11声明

2019.03.11 16:36|情報
以下、全日本ろうあ連盟 より引用

*****************************************************

2011年3月11日に発生した東日本大震災から、8年がたとうとしています。
岩手・宮城・福島では、復興が進んでいる地域、ほとんど手つかずの地域など
いまだ現地での取り組みが順調に進んでいるとは言い難い状況にあります。
さらに2018年は、西日本豪雨、北海道胆振東部地震、相次ぐ台風、
翌年1月熊本県和水町地震等災害が頻発し、被害は広範にわたりました。

聴覚障害者災害救援中央本部では、厚生労働省、総務省、気象庁、
内閣府、NHK、民放連へ要望書を提出しました。
また聴覚障害者災害救援中央本部としては、そのつど被災地との情報交換、
支援等を行っていますが、災害には人的、物的支援が欠かせません。
これまでは災害の発生の度に、全国の皆さまに寄付等を呼びかけてきましたが、
頻発する災害に備え、日ごろの準備基金とした「聴覚障害者災害救援基金」を創設しました。
全国の皆さまにご協力をいただき感謝しています。

災害の際には「自助」「共助」「公助」が大切となります。
昨年の西日本豪雨の際に、聴覚障害者が災害ボランティアセンターを立ち上げ、
被災者を支援する取り組みが行われました。この取り組みは全国から注目を集め、
今後各地で広がりを見せるのではないかと思われます。
このように聴覚障害者自身が地域で防災、減災の学習会や訓練に参加し、
様々な場面で聴覚障害者への理解を広めると共に、国や地方自治体への要請を継続する事が
「自分の命を守り、みんなの命を救う」ことにつながります。

まもなく平成が終わろうとしています。
この平成の時代には、阪神淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災等大きな自然災害が多数起きました。
私たちは新たな時代へ向けて平成の教訓を受け継ぎ、全国の仲間とともに
防災・減災の取り組みをさらに強化していく決意をここに表明します。

2019年3月11日            
聴覚障害者災害救援中央本部    
運営委員長 石野富志三郎 

〈構成団体〉一般財団法人全日本ろうあ連盟    
      一般社団法人全国手話通訳問題研究会 
      一般社団法人日本手話通訳士協会 

はしか患者、計258人に…大阪94人・東京19人

2019.03.06 13:18|情報
以下、yomiDr. より引用

*****************************************************

国立感染症研究所(感染研)は5日、2月24日までの1週間で、新たに33人の麻疹(はしか)患者が報告されたと発表した。
今年に入ってからの累計は258人になった。

発表によると、都道府県別では大阪が94人で最も多く、三重50人、愛知25人、東京19人と続いている。

はしかは、患者のくしゃみなどのしぶきからだけではなく、ウイルスが浮遊した空気を吸い込むことでもかかる。
感染から約10日後、発熱やせきなどの風邪に似た症状がみられる。その後、39度以上の高熱や発疹が出る。

一方、風疹の流行も続いている。感染研によると、2月24日までの1週間で、新たに109人の患者が報告された。
100人を超えたのは約2か月ぶりで、今年に入ってからの累計は650人となった。
都道府県別では、最も多い東京が173人、神奈川93人、千葉68人、大阪59人の順。

風疹は、くしゃみのしぶきなどで感染する。感染後約2~3週間で発熱や発疹、リンパ節の腫れなどが出る。
妊娠初期の女性がかかると、おなかの中の赤ちゃんに難聴や白内障、心臓病といった障害が起こる可能性が高い。

難聴リスク、若者11億人に…WHO推計「スマホで大音量影響」

2019.02.20 12:53|情報
以下、yomiDr. より引用

*****************************************************

世界保健機関(WHO)と国際電気通信連合(ITU)は、世界の若者の2人に1人が難聴になるリスクがあると発表した。
スマートフォンで大音量の音楽を聴くことなどが影響している。
両組織は、聴覚の安全を保つため、音楽端末の製造やその利用に関する国際基準も公表した。

12日の発表によると、大人の場合、聴覚を安全に保つ限度として、
救急車のサイレンと同程度の80デシベルの音を聴くことを1週間に40時間以内に抑えるなどと定めた。
WHOは、聴覚に関する28の研究結果から、世界の12~35歳のおよそ半数の約11億人が、
スマートフォンなどを利用し、限度以上の音量で音楽を聴いていると推計した。

国際基準は、保護者の裁量で音量を制限できる機能を搭載することなどを推奨している。

手話サポートテレビ電話システム

2019.02.04 16:24|情報
ドコモ・サポート株式会社 手話サポート担当 より情報提供です。

*****************************************************

ドコモショップには、テレビ電話を通じて手話で相談ができる
「手話サポートテレビ電話システム」を
全国のドコモショップ654店舗(2018年10月末現在)に設置しており、
スタッフの説明をテレビ電話で手話通訳するシステムを導入しています。

ご利用可能時間は10時~19時で、年中無休(年末年始除く)。
多くのみなさまにご活用いただけたらと思っております。

手話で相談できるショップ(奈良県)は
生駒・香芝・西大寺・桜井・大和郡山・大和高田・大和八木の各店舗。
それぞれ定休日がありますので、チラシにてご確認ください。

*****************************************************

20190203.jpg

僕は目で音を聴く(36) 補聴器は水に弱いんです

2019.01.31 16:55|情報
以下、西日本新聞 より引用

*****************************************************

補聴器といえば聴覚障害者、高齢者が使うイメージでしょうが、具体的にどういう物か分からない人も多いのでは。
形状も価格帯もさまざまですが、私が昨年から使っているのは耳の周りに引っ掛けるような形です。
耳の穴の中には、耳の形に合った「イヤモールド」という耳栓を入れます。
穴の隙間から音漏れして「ピー」というハウリング音を防ぐ仕組みです。

この補聴器は約15万円だったと記憶しています。公的な補助金があり、私の場合、自己負担は確か1万円ほど。
ボタン電池で動き、1~2週間で入れ替えます。寿命は5年ぐらいでしょうか。これまで数え切れないほど使ってきました。
昔に比べて性能が良くなり、周囲の音をよりよく拾うようになったと感じます。
最近はスマートフォンと連携する種類もあるそうです。

人それぞれではあるのですが、補聴器は終日外さない人もいます。私も風呂と寝るとき以外は着けっ放しです。
ですので、外すと自然に眠くなってきます。体が「補聴器を外すときは寝る」と覚えているのでしょう。
目が悪い人が使う眼鏡と同様に、補聴器は聴覚障害者にとって体の一部なのです。

補聴器の欠点は、水に弱いこと。耐水化も進んでいるようですが、多少の雨や汗なら大丈夫という程度でしょうか。
「プールや風呂での使用はお勧めしない」と言われています。

ある夏、遊園地でショーを見ていたときのこと。係員が観客に「ちょっとだけ水が掛かります」と案内しました。一応、身構えたのですが、ホースで全身にたっぷり水を浴びせられ、驚きました。「ぬれたくない人は後ろに下がって」など、きちんと注意を促されていたら手で補聴器をカバーできたのに…。中学時代、プールの授業を見学していたとき、友人とふざけていてプールに落とされ、補聴器が壊れてしまったことも思い出しました。

身近に補聴器を使っている方がいたら、水に弱いことを認識して、周りの人も気を付けてほしいなあと願います。
| 2019.04 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ