ライブラリー情報

2014.02.27 18:24|ライブラリー・DVD
自主制作DVD 第9弾
「ろう者の語り」(字幕付き)の貸し出しが、始まりました。

img_2014022703.jpg

「ろう者の語り」は 水色のディスク。

字幕なしを見た後に、字幕付きをみるのも
勉強になる(…かも?)と思います。

どうぞみなさん、ご利用くださいね。
スポンサーサイト

新聞紙でエコバッグを作ってみよう!

2014.02.26 18:05|行事報告
2月26日(水)当センター研修室において
奈良市手話サークル「鹿の会」会員の 寺畑 由紀 氏をお招きし
「新聞紙でエコバッグを作ってみよう!」と題した講座を行いました。

参加者は12名。
(ろう者10名 中途失聴・難聴者1名 盲ろう者1名)

img_2014022602.jpg

まず講師より、手順の説明がありました。

img_2014022605.jpg

参加者は、積極的に講師に質問したり情報保障を利用し
「折り方は?」「これで合ってる?」と手順を確認しながら
一所懸命、作業をされていました。

img_2014022607.jpg

「そこはこうすればいいんだよ」と教え合うグループ
自分の力で器用に作り上げる人と
それぞれ手法は違いますが、みなさん見事な出来上がり!

img_2014022610.jpg

男性だって、負けてはいませんよ。

img_2014022608.jpg

通常サイズを作り終えた後は
少し大きいものにもチャレンジ。

img_2014022606.jpg

当初の予定時間が過ぎても、
粘り強く最後まで頑張って作り上げられました。

img_2014022609.jpg

みなさん、とても楽しそうでした。
次回の行事への参加も、お待ちしています。

厚生労働省へ障害者総合支援法附則第3条の検討規定について要望書を提出

2014.02.25 18:58|制度
以下、一般財団法人全日本ろうあ連盟 HPより引用

***********************************************************************

2014年2月21日(金)、全日本ろうあ連盟と
全日本難聴者・中途失聴者団体連合会、日本盲人会連合、全国盲ろう者協会は
厚生労働省へ、障害者総合支援法聴覚障害者の附則第3条に基づく
「手話通訳等を行う者の派遣その他の聴覚、言語機能、音声機能その他の障害のため
 意思疎通を図ることに支障がある障害者等に対する支援の在り方」の検討について
要望書を提出し、意見交換を行いました。

聴覚障害の作曲家 別人が作曲

2014.02.06 18:31|制度
以下、NHK NEWS WEB より引用

***********************************************************************

耳が聞こえない障害を乗り越えて作曲しているとして
CDが異例の売り上げとなっている、佐村河内守さん(50)が
代表作の交響曲などを別の作曲家に作ってもらっていたことを
5日未明、弁護士を通じて発表しました。

佐村河内守さんは広島県で生まれ、独学で作曲を学び
耳が聞こえない障害と闘いながら作曲活動を続けているとされています。

平成20年に初めて演奏された「交響曲第1番HIROSHIMA」は
「希望のシンフォニー」として、特に東日本大震災のあと注目を集め
CDが18万枚以上の売り上げを記録するなど
クラシックとしては異例の売り上げとなっています。

しかし、5日未明、佐村河内さんは弁護士を通じて
十数年前から別の作曲家に曲を作ってもらっていたことを明らかにしました。

これについて佐村河内さんは、NHKの取材に対し
「平成8年ごろ、初めての映画音楽の作曲の依頼があったが、耳の状態が悪くなり
半分以上を作ってもらったことがきっかけだった」と説明しています。

その後も、このときに知り合った作曲家に、曲の構成や楽器の編成、曲調のイメージを伝え
作曲をしてもらう形で作品を発表し、報酬を渡していたということです。

佐村河内さんは「自分は楽曲の構成をしたが
作曲をゴーストライターに任せてしまったことは、大いなる裏切りであると思っています。
ファンや深く傷つけてしまった方に、心よりおわび申し上げます」と話しています。

平成8年以降に佐村河内さんの作品として発表された曲としては
「交響曲第1番HIROSHIMA」のほか
東日本大震災のあと、被災地で交流していた少女のために作曲したとされる
「ピアノのためのレクイエム イ短調」や
それを発展させた「ピアノ・ソナタ第2番」などがあります。

また、ソチオリンピックに出場するフィギュアスケートの高橋大輔選手が
ショートプログラムで使用する曲「ヴァイオリンのためのソナチネ」も、おととし発表しています。

佐村河内さんの代わりに作曲していたとされる作曲家に対し、NHKは取材を申し込んでいますが
これまでのところ回答はありません。

2014立春

2014.02.04 17:14|つれづれ
今日は立春。
暦の上では春ですが、まだまだ寒さが身にしみます。

そんな中、支援センターにも かわらしい春が届きました。

img_2014020401.jpg

奈良に春を呼ぶ 東大寺のお水取り(修二会)まで、あと1ヶ月。
気持ちだけでも、ほんわかしたい 今日この頃です。

みなさま ぜひ、来所して ご覧くださいね。
職員一同、お待ちしております。

奈良に鬼はいるのか?

2014.02.03 15:28|支援センターの様子
今日は節分。

コンビニ&スーパーの戦略に乗っかり
支援センターでも、みんなで巻き寿司を食べました。

img_2014020301.jpg

今年の恵方(えほう)に向かって
所長が ぱくり。

img_2014020306.jpg

そして、職員も ぱくり。

img_2014020303.jpg

実は、当県の中部-南部地域では
鬼を受け入れる風習が多いのだそうです。

これは、葛城山(かつらぎさん)で修行し、
吉野の金峯山(きんぷせん)・大峰山(おおみねさん)などに霊場を開いた
修験道の祖である役の行者(えんのぎょうじゃ)に
鬼が仕えたことが影響しているのかもしれません。

ともあれ、当センターの鬼も
豆で払われ、イイヒトに生まれ変わりました。

img_2014020304.jpg

まだまだ寒い日が続きますが
みなさん、気軽にお越しくださいね。
| 2014.02 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ