上映会「ゆずり葉」

2014.08.26 15:16|行事報告
全日本ろうあ連盟が創立60周年記念事業として製作した
映画「ゆずり葉~君もまた次のきみへ~」の上映を
8月20日(水)当支援センター 同23日(日)県社会福祉総合センターにて、行いました。

ろう者が、差別や偏見に悩みながらも人間として生きていく姿を描き、
手話の魅力やろう者独自の文化を、広く伝えていこうというものです。

先輩から後輩、親から子へと受け継がれるろう者の運動や生き方を通し
ろうの子どもたちに夢を、そしてその親たちに元気を与えていきます。

参加者からは、
「以前観たときは、手話を習い始めたばかりだったので理解できなかったが、
 今回改めて観て、ろう者の感情や運動について理解することができた」
「手話の勉強になった」などの感想がありました。

邦画上映の要望が、数多くあがっています。
今後も企画していきますので、ご参加をお待ちしております。
スポンサーサイト

聴覚・視覚・発達障害のための情報福祉機器展(兵庫県)

2014.08.25 15:59|情報
兵庫県立聴覚障害者情報センターBlogより引用

******************************************************

第2回 聴覚・視覚・発達障害のための情報福祉機器展 in 兵庫
~ コミュニケーション フェスタ ~ を開催します!

日時:平成26年9月6日(土) 10:00~15:00
場所:神戸市立灘区民ホール 1階 全フロア

 入場無料・申込み不要
 手話通訳者&ノートテイク者配置
 車イス用トイレあり (出展企業・相談カテゴリー)

●聴覚ゾーン…光・振動・磁気ループ・補聴器・アクセサリーなど
 相談担当:兵庫県立聴覚障害者情報センター

●視覚ゾーン…音声ラジオ・拡大読書器・活字文書読み上げ装置・ルーペなど
 相談担当:関西盲人ホーム(予定)

●発達ゾーン…心身障害者訓練用具・書籍など
 相談担当:神戸大学保健学研究科地域連携センター

●介護ゾーン …視聴覚障害・聴覚障害をお持ちの方が、ご両親等の介護をする時に便利な用具

チラシは こちら
機器展ブログは こちら


なお、同日 聴覚障害者文化祭が
マリーホール(5階)・情報センター(2階)にて
開催されるようです。

そちらも合わせてお楽しみください。

紋切りを作ろう

2014.08.22 17:50|事業案内
紙を折って、型通りに切り抜き、そっと広げれば
そこに美しい紋の模様があらわれます。

現在も生活のさまざまな場面で見ることの多い紋様には
それぞれ意味があります。

楽しく紋様のかたちを作ってみませんか。

たくさんのご参加をお待ちしています。

******************************************************

<聴覚障害者対象事業>

日時 2014年9月17日(水) 13時30分~15時30分
場所 奈良県聴覚障害者支援センター 研修室
講師 石田 繁夫 氏
費用 無料
持ち物 はさみ シャープペンシル
定員 30名 (申込制:2014年9月10日 〆切)

申込先  奈良県聴覚障害者支援センター
         0744-21-7888 (FAX)

     = 詳しくはこちら =

******************************************************

gyoji20140917.jpg

盲ろう者、孤立浮き彫り 東北938人 全国調査

2014.08.20 17:18|情報
以下、河北新聞 ONLINE より 引用

*********************************************************************************

目と耳の両方が不自由な「盲ろう者」が、国内で少なくとも1万3952人いることが
「全国盲ろう者協会」(東京)の実態調査で分かった。
厚生労働省の事業として初めて本格的に行われ、先ごろまとめられた。
盲ろう者の孤立が浮き彫りとなり、厚労省や関係団体は対策を急いでいる。

2012年10月時点の調査で、視覚、聴覚両障害が身体障害者手帳に記載されている人が対象になっている。
東北6県では938人(青森150人、岩手167人、宮城179人、秋田112人、山形162人、福島168人)だった。

盲ろう者の障害の程度はさまざまで、約1万2800人に送付したアンケート(回収率22.4%)によると、
全盲ろうの人が15.9%、全盲難聴41.2%、弱視ろう7.7%、弱視難聴26.3%だった。無回答は8.9%。

盲ろう者が社会参加するには、当事者の意思疎通や情報入手を支援する
「通訳・介助員」の存在が欠かせない。
通訳・介助員の派遣事業は都道府県、政令市などが行うが、
今回の調査を基に調べた利用率は6.9%にとどまっている。

当事者の意思疎通方法としては、手話をする人の手に触れて理解する「触手話(しょくしゅわ)」や、
点字タイプライターのキー代わりに盲ろう者の指を直接たたいて言葉を伝える「指点字(ゆびてんじ)」などがある。

全国盲ろう者協会の山下正知事務局長は
「盲ろう者自らの情報取得が困難なことから、福祉サービスの利用が進んでいない。
 当面は、通訳・介助員派遣制度の拡充などを訴えたい」と話している。

2014立秋

2014.08.06 16:39|つれづれ
永遠に変わらざる 涼しき山並
白き朝靄(もや)が 我と微睡(まどろ)む

img_20140806_01.jpg

当県大和郡山市では、
全国金魚すくい選手権大会が行われます。

今年は第20回の記念大会。
エントリーは終了していますが、見学は自由です。

手話通訳も、つくようですので
ぜひ観戦がてら、奈良へお越しください。
| 2014.08 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ