年末年始のおしらせ(2014-2015)

2014.12.27 17:00|お知らせ
奈良県聴覚障害者支援センターは
12月28日(日)から 1月4日(日)まで、おやすみをいただきます。

2015年は、1月5日(月)から と なります。
(ただし、5日は15時まで)


みなさま どうぞ よいお年をお迎えくださいませ。
スポンサーサイト

第34回全国豊かな海づくり大会~やまと~

2014.12.26 09:49|情報
以下、県民だより奈良 より引用

***************************************************

11月15・16日の両日、大淀町・川上村・五條市・橿原市で
「第34回全国豊かな海づくり大会~やまと~」が開催されました。
16日には、大淀町文化会館あらかしホールで式典行事が開催され、
天皇皇后両陛下の御臨席のもとに、県内外から招待者525人が出席されました。

式典行事では、豊かな海づくりのために功績のあった団体や
作品コンクール受賞者の表彰のほか、
両陛下による放流魚のお手渡し、大会決議などが行われました。

歓迎のことばとして、新井知事が「皇室と海とにゆかりのある奈良の地で
全国豊かな海づくり大会を開催できることを感謝しています。
海の幸は、川の恵み・山の恵みと考え、山や森が大きな役割を担っていることを
認識し感謝する大会としたいと思います」と述べました。

式典終了後、会場をおおたき龍神湖(川上村)に移し、
放流・歓迎行事が開催されました。
大会初となるカヌーによる歓迎行事の後、両陛下のご放流に合わせ
招待者331人が奈良県のさかな「アマゴ」と「アユ」の放流を行いました。
両陛下は、放流されたさかなを見つめ、微笑んでおられました。

吉野川大川橋下流河川敷(五條市)では、おおたき龍神湖からの中継映像に合わせて
両陛下からお手渡しを受けた「アユ」を吉野川に放流する放流行事が開催されました。

また、県民参加行事として16日には、放流行事と合わせて同会場で
「やまと海づくりフェスタinごじょう」が、
15・16日の両日には、JAならけんまほろばキッチン(橿原市)で
「やまと海づくりフェスタinまほろばキッチン」が開催され、
大会関連の企画展示やステージイベント、物産展など多彩な催しで盛り上がりました。

また、会場内に設置した大型スクリーンには各行事の模様が中継され、
やまと海づくりフェスタには、2万人を超える方々にご来場いただき、
大盛況のうちに終了することができました。

***************************************************

防曇(ぼうどん)透明マスク ルカミィ『Lookatme』

2014.12.24 09:40|情報
以下、株式会社ミノウラ のサイトより引用

*************************************************

防曇(曇り止めをした)透明マスク ルカミィ『Lookatme』を、試験販売することになりました。
従来のマスクでは顔の表情や唇の動きが隠れてしまいコミュニケーションが困難でしたが
その問題を解決する画期的なマスクです。

lookatme02.jpg

1.人と人が接し、触れ合う場面で一番大切な「心を通わす、気持ち・愛情・信頼を伝える」為には、
  お互いの「顔全体、表情、口元が見える」ことが基本であると考えています。=『絆』

2.インフルエンザ流行、花粉症飛散時期には、一般的な白い衛生マスクではなく、
  ①心を通わせ、②愛情を通わせ、③笑顔で信頼を築ける、
  シースルータイプ・マスクである【こころ通わせマスク】を着けて接することにしましょう!

3.私たちは口元・表情・顔が見える【こころ通わせマスク】をこんな場面で是非ご着用頂けることを願っています。

  ①接客(小売店頭、デパート売場、銀行・郵便局の窓口、病院・開業医の受付、
     調剤薬局・ドラッグストアのカウンター、バスの運転手、交通機関の切符販売窓口、等々)
  ②聴覚障害者・難聴者・中途失聴者の方と接する家族、ろう教育の関係者、
     手話通訳や要約筆記の関係者等
  ③乳幼児と接する家族、保育園・幼稚園の先生、小児科医・看護士
  ④高齢者と接する介護士、介護ヘルパー、医師、看護士
  ⑤入院患者と日々接する看護士
  ⑥患者と接する心療内科医・精神科医、カウンセラー
  ⑦顧客と接する営業マン(新規顧客との場面では特に!)

この透明マスクが、コミュニケーション力を高め、相互の信頼感・親近感を強め、愛情を深めることを願っています。

*************************************************

2014朔旦冬至

2014.12.22 11:22|つれづれ
今日は「朔旦冬至(さくたんとうじ)」

「朔旦」の「朔」は「新月」、「旦」は「はじまり」
新月は、これから満月に向かって満ちていく、月の復活を意味します。
始まりのパワーが強いとされ、今でも農業の暦などでは重要視されています。

「冬至」は1年の中で昼間が最も短い日で
この日を境に、陽がどんどん長くなっていくことから
極限まで弱まった太陽の力が復活することを意味します。

つまり朔旦冬至は、
太陽と月が同時に甦(よみがえ)る、特別な日なのです。

sakutann.jpg

半年に一度しかない冬至のタイミングと、
約29.5日で満ち欠けを繰り返す月のタイミングが重なることは
19年に一度しかありません。
そして次回は、暦の関係で38年後となるそうです。

冬至に入る(太陽が復活する)瞬間は、8時03分
朔に入る(月が復活する)瞬間は、10時36分

19年に一度の貴重な巡り合わせの日、
新しい月と新しい太陽に思いを馳せ、
新たな力にかえてみてはいかがでしょうか。

難聴などの原因ウイルス、初の胎児感染予防策

2014.12.18 09:59|情報
以下、YOMIURI ONLINE より引用

*************************************************

胎児が感染すると難聴や脳障害などの原因となるサイトメガロウイルスについて、
厚生労働省研究班(研究代表者=藤井知行東大産婦人科教授)が、
妊婦や新生児への対応マニュアルを初めてまとめ、日本産科婦人科学会を通じて全国の産科医に配布した。

すべての妊婦に対し予防法を早期に指導することを勧めたほか、
感染が疑われる妊婦のカウンセリングを行ったり、産科医からの相談に応じたりする専門病院を示した。

サイトメガロウイルスは、ありふれたウイルスで、健康な人が感染しても、軽い風邪程度で済む。
ただ、妊婦が感染すると、胎児に障害を起こす恐れがある。
これまでの研究では、妊婦の約3割が、ウイルスを排除する抗体を持っていないことがわかっている。

現在、妊婦健診で抗体の有無を調べる検査は、ほとんど行われていない。
妊娠中の感染がわかっても、胎児の障害を防ぐ方法がないためだ。
妊娠中に感染が疑われるのは、妊婦の希望や、胎児の発育不良で検査をしたケースなどに限られる。

近年の大規模調査で国内では、新生児の1000人に1人が胎内で感染し、
なんらかの症状が出ていることが判明している。
先天的な病気の中でも頻度が高かった。

妊娠中の感染は主に、子どもの唾液や尿に触れることで起きる。
予防のためのワクチンはない。
マニュアルでは、妊婦が行う感染予防策として、子どもと飲食物を共有しないことや、
こまめな手洗いなどの感染予防法を明記した。

*************************************************

広報紙 まほろばだより

2014.12.17 17:50|広報紙・今月の一枚
奈良県聴覚障害者支援センターの広報紙
“まほろばだより”の8号ができました!

どうぞお手に取って、ごらんください。
みなさまの来所を、お待ちしております。

**************************************************

btn_kouhou008.jpg

しゅわ旅なかま / みみ旅トラベラー

2014.12.16 18:18|情報
以下、H.I.S バリアフリートラベルデスク より引用

***************************************************

しゅわ旅なかま (手話対応)

手話ができる専任添乗員が同行する、聴覚障害があり
旅先の情報をきちんと知りたい方を対象にした募集型ツアー商品。

通常のツアーに参加しても、現地ガイドさんの案内や
他のお客様と一緒に旅行を楽しめない、という声をたくさん耳にします。

そこで、バリアフリーデスクでは手話の出来るHIS専任添乗員が同行する
オリジナルツアー商品をご案内することにしました。
手話が出来る添乗員が現地をご案内致しますので、
これまで知らなかった現地の情報や、現地での緊急時の対応も万全。

「しゅわ旅なかま」は、聴覚に障がいがあり、
「旅に不安を感じている方や、観光地での詳しい案内をしっかりと聞きたい方」が、
いつまでも安心して、安全・快適な旅を「旅の仲間」と共に支えあいながら
楽しんでいただける旅ブランドです。
手話が出来る専任の添乗員が同行し、お客様の快適なご旅行をサポートいたします。

***************************************************

みみ旅トラベラー (筆談対応)

手話対応の添乗員が同行しない代わりに、日本語の話せる現地ガイドが
筆談等で情報をサポートするリーズナブルな旅行商品。

通常のツアーに参加しても、現地ガイドさんの案内や
他のお客様と一緒に旅行を楽しめない、という声をたくさん耳にします。

そこで、バリアフリーデスクでは現地ガイドが筆談ボードを使って、
必要最低限の情報サポートをするオリジナルツアー商品をご案内することにしました。
現地ガイドが筆談ボードで現地をご案内致しますので、
これまで知らなかった現地の情報や、現地での緊急時の対応も万全を期します。

「みみ旅トラベラー」は、聴覚に障害のあるお客様を対象に、
旅先では必要最低限の情報保障のみサポートしてもらいたい方、
手話対応の添乗員が同行する「しゅわ旅なかま」よりもリーズナブルに旅行をしたい方を対象に、
現地では必ず『日本語を話せる』専用ガイドをお付けして、“筆談ボード”で情報をサポートしながら、
安心して、安全・快適な旅を楽しんでいただけるブランド商品です。

***************************************************

酒蔵見学

2014.12.13 17:24|事業案内
酒造りや試飲を通して、日本酒の文化を知ってみませんか?
今回は、明治26年の創業以来、少量高品質を守り
やまとの地酒にこだわり続けている老舗酒蔵「梅乃宿酒造」を見学します。

ここちよい余韻を残す「旨(うま)口」をはじめ、
日本酒ベースのあらごし梅酒や柚子酒など、リキュール類も好評です。

たくさんのご参加をお待ちしています。

******************************************************

<聴覚障害者対象事業>

日時 2015年1月30日(金) 14時~15時
集合 近鉄線 新庄駅改札口 13時30分(厳守)
場所 梅乃宿酒造(近鉄線 新庄駅から徒歩15分)
雨天 決行
費用 無料
定員 15名(申込制:2015年1月22日(木)〆切)*先着順

     = 詳しくはこちら =

******************************************************

gyoji20150130.jpg

ろうLGBTを知ろう

2014.12.12 17:26|事業案内
LGBTという言葉を知っていますか?

今回のテーマは「多様な性を知り、自分の性を考えよう」です。
性のあり方を知って、どのような社会になれば、
すべての人が暮らしやすくなるのかを、
一緒に考えてみませんか。

******************************************************

<聴覚障害者対象事業>

日時 2015年1月24日(土) 13時30分~15時30分
場所 奈良県聴覚障害者支援センター 研修室
講師 山本 芙由美 氏(Deaf-LGBT-Center 代表)
費用 無料
定員 30名(申込制:2015年1月22日(木) 〆切)

     = 詳しくはこちら =

******************************************************

gyoji20150124.jpg

第2回 奈良ハートフルシネマ「そして父になる」(字幕・副音声付映画) 

2014.12.09 11:02|字幕付映画
以下、奈良県社会福祉総合センター よりご案内

**********************************************************

第2回奈良ハートフルシネマ

バリアフリー(日本語字幕・副音声付)映画
そして父になる』の上演をいたします。

会場 : 奈良県社会福祉総合センター 6階大ホール
日時 : 2015年1月18日(日)
上演時間 : 10:30〜/14:00〜
入場料 : 前売→一般・シニア・障がい者・小中高生 500円
     当日→一般800円 / シニア・障がい者・小中高生 500円

視覚・聴覚に障がいをお持ちの方もお楽しみいただけますよう
日本語字幕・副音声ガイド付上映です。

前売券は、奈良県社会福祉総合センター1階
総合インフォメーションで、取扱いをしております。
(TEL 0744-29-0111 FAX 0744-29-1819)

駐車場に限りがございますので
公共交通または周辺駐車場をご利用ください。

**********************************************************

20150118heartfulcinema.jpg

目の不自由な方に配慮した「バリアフリーカレンダー」

2014.12.08 17:59|情報
以下、有限会社 真美堂 手塚箔押所 のサイトより抜粋。
(画像:同社フェイスブックより)

****************************************************

「バリアフリーカレンダー」2015年版を発売

文字を浮き出す加工で、視覚と触覚の両方で読むことを可能にし、
視覚に障害のある方にもお使いいただけるバリアフリーカレンダーを発売いたします。

2014120801.jpg

触って読み取れるように、点字出版施設にご協力をいただき製作しました。
また、カレンダー本来の暦に重点を置き、シンプルな仕上がりで、生活空間に溶け込みます。

2014120802.jpg

価格は2,800円(税抜価格)

****************************************************

売り上げの一部は公益財団法人アイメイト協会 へ寄付されるそうです。

被災地訪問続く両陛下 ひと言も聞き漏らさぬよう補聴器使用

2014.12.04 15:30|情報
以下、SNN より抜粋

***************************************************************************

両陛下のお体に大変なご負担がかかっていることはいうまでもないが、
このところ揃って補聴器を装着されているお姿をお見受けするようになった。
宮内庁関係者によれば、両陛下が補聴器を使われるようになったのは、
1年半ほど前からだという。

「両陛下とも補聴器をお使いになっていることもあれば、
おつけにならないでお出ましになるときもあります。
その日のご体調を鑑みてお決めになっているのではないでしょうか。
やはり、両陛下が聞きとれなかったような表情をされたり、
“もう一度お話しして”などとおっしゃったら、
その相手は、“声が小さかったのかな”とか
“失礼な言葉を使ってしまったかな”と気にしてしまう可能性もありますから、
そういう事態を避けるために、陛下のご意思で
補聴器をお使いになる機会が増えられたのでしょう」(皇室記者)

両陛下が使用されているのは、国内の老舗メーカーのもの。
ちなみに美智子さまが使用されている補聴器は、おおよそ価格は片耳で30万円。
両耳で50万円くらいだという。

慣れるまでは不快に感じることもあるが、聴力に応じて調整するなどして、
自分の耳に合った状態にしていくことが重要だ。
両陛下も多少の不自然さをお感じになっているかもしれないが、
そこにはこんなお気持ちがおありなのだという。

「被災地などでは、多くの人々が自分たちが体験した苦しみを、
両陛下に語ることが多いんです。そんな苦しみを分かち合うためには、
“ひと言も聞き漏らしてはいけない”という思いが、両陛下には常におありなわけです。
それこそがご自分たちの務めだと、そうお考えになられているのです」
| 2014.12 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ