かと。のイラスト講座③

2015.08.29 12:26|行事報告
8月26日(水) 支援センター研修室において、
イラストレーターかと。氏をお招きし、
イラスト講座(全3回のうちの3回目)を行いました。

テーマは「絵と文字を描いてみよう」

2015082601.jpg

参加者は6名でした。

はじめは、第2回の復習。
図形を使って描く練習をしました。

2015082602.jpg

正面から描くのに慣れたら、横顔や上向きなど
いろんな角度から描くことができるそうです。

“描きたいと思った特徴を、そのまま“
“自分の描きたい体型とイメージを考えて“
“単色やベタ塗りでも、たくさんの色味があるような工夫を“など
どんなものを描きたいのか考えて表現することが大切だと言われました。

2015082604.jpg

3回目は初めての色づけ。色鉛筆とマーカーを使います。
まんべんなく塗るだけでなく、
光の方向を決めて影になる部分だけを塗ったり
細いペンで線を引くなど、工夫して描きました。

2015082603.jpg

絵の具やパソコンがなくても、
色鉛筆やマーカー、黒マジックの濃淡だけで
いろいろな塗り方ができます。

最後に、今まで習ったテクニックを駆使しながら
バースディカードを作りました。

2015082605.jpg

素敵な作品でしょう?笑

メッセージカードだけでなく、
FAXに ちょっとしたイラストを描いて送ると
もらった相手も喜んでくれるのでは?と思いました。

これからも、楽しくイラストが描けたらいいですね。
スポンサーサイト

時給200円も、障害者に「経済的虐待」

2015.08.28 14:30|情報
以下、YOMIURI ONLINE より引用

*****************************************************

厚生労働省は27日、昨年度1年間に職場で虐待を受けた障害者が501件483人だったと発表した。
低い賃金で働かせるなどの「経済的虐待」が約8割の419件と最多だった。

調査は障害者虐待防止法に基づき毎年実施。
2014年度、家族や自治体から通報されたのは、985事業所で前年度と比べ27・1%増えた。
これまで808事業所に関する調査を終えたが、
各地の労働局が虐待と認定したのは299事業所の501件で、
国が定めた最低賃金を下回る給与しか支払わないなどの経済的虐待が最も多く、
約8割が知的障害者だった。
時給わずか約200円で働かされていた人もいるという。

このほか、差別的言動などの心理的虐待が39件、暴行や身体拘束を含む身体的虐待は23件だった。

身体障害者が「障害を言い訳に仕事をさぼっている」と言われたり、
精神障害者がセクハラを受けたりしたケースがあり、労働局が各事業所を指導したという。

難聴ラガーマンに市長賞詞

2015.08.26 09:27|情報
以下、YOMIURI ONLINE より引用

*****************************************************

臼杵市は23日、難聴を抱えながら、全国大学ラグビーフットボール選手権大会で
帝京大の6連覇に貢献した市出身の会社員大塚貴之さん(23)(大阪府枚方市)に、市長賞詞を贈った。
大塚さんは11月、デフラグビー(聴覚障害者ラグビー)の日本選抜メンバーとして、
来日するニュージーランド代表と対戦する予定で、活躍を誓った。

大塚さんは、生まれつき重度の難聴で、
小学生からタックルの代わりに腰につけたタグを取り合う「タグラグビー」を始めた。
中学から本格的にラグビーに取り組み、大分雄城台高ではラグビー部の主将を務めた。

進学した同大ではラグビー部に所属し、約150人いる部員の中でウイングとして活躍。
4年生だった昨年の同大会でトライを決めるなど、連覇につながる原動力となった。

卒業後、パナソニックに就職。神戸市のクラブチームに入り、ラグビーを続けている。

贈呈式は、市役所で行われた。
中野五郎市長は「ハンデを持ちながら、人並み以上の努力をして結果を出してきた。
地元の子供たちにとっても希望の星だ」とたたえ、記念の盾を手渡した。
大塚さんはニュージーランド戦に向け「持ち前の明るさでチームを引っ張っていきたい」と意気込みを語った。

触れてはずむ 盲ろう者会話…「友の会」交流サロン

2015.08.25 09:53|情報
以下、YOMIURI ONLINE より引用

*****************************************************

目が見えず、耳も聞こえない。
そんな「盲もうろう」の人たちが、地域の中で共同生活できる場所を作ろうと奮闘しているNPOが和歌山市にある。
「和歌山盲ろう者友の会」(小杉純弘代表)。
JR和歌山駅前のみその商店街の一角に、同会は誰でも立ち寄れるサロンを構えており、訪ねた。

盲ろう者と一口に言っても、視力、聴力ともわずかながら残っている「弱視難聴」の人や、
二つの力を完全に消失した「全盲ろう」の人など、障害の程度は様々だ。
でも、重い障害があるからといってコミュニケーションがとれない訳ではない。
各自の見え方、聞こえ方に応じて点字、手話、筆談など適切な手段を選び、「会話」を楽しむ。
外出の際は、人や物にぶつからないよう、白杖はくじょうを持って道を確かめながら進んだり、
通訳介助者と出歩いたりして、社会と関わっていく。

県のまとめでは、県内で目と耳の両方の身体障害者手帳を併せ持つ人が約130人いる。
全国では約1万4000人に上るとされる。

友の会は2004年、盲ろう者が共に生活できる場を作ろうと設立された。
会員は、盲ろう者7人と介助者約25人で構成する。
手話や点字の勉強会を開いたり、盲ろう者同士が交流する場を提供したりしている。
同会のサロン「はぁと つぅ はんど」(木曜定休)で開かれる。

全盲ろうの井戸英代さん(64)(有田市)は、最も積極的に交流会に顔を出す一人。
手話でメッセージを送ってくれる相手の手を、自分の手で触れて、意味を読み取る「触手話」で
おしゃべりをするのが何よりの楽しみだから、だ。

井戸さんは生まれつき耳が聞こえない。50歳頃から視力も低下し全盲ろうと診断された。
自宅では87歳の母と2人で暮らす。
「母は手話ができない。母の支えには感謝しているが触手話を通じた会話は難しいから、
寂しく思うこともある」と打ち明ける。

記者が訪れた日、井戸さんは午前10時から午後3時過ぎまでサロンで過ごした。
帰宅時間になると、ふたを外して文字盤に触れられる腕時計で時間を確かめ、
通訳介助者に付き添われて名残惜しそうに部屋を後にした。

同会事務局長の瀬戸節子さん(60)は
「盲ろう者は一人での外出が難しく、家にこもりきりになることが多い。
誰とも話をしなければ、きょうの日付さえ分からなくなる」と指摘する。

「いつでも誰かとおしゃべりできる場所があったらなぁ」。
発足当初から要望のあった声を踏まえ、友の会は、
盲ろう者が通訳介助者のサポートを受けながら一緒に暮らせる「サービス付き介護住宅」の設立を目指している。

今秋には不動産業者や介助者などを交えた勉強会を開く予定だ。
だが、設立には介助者の養成や金銭面など、課題が山積している。
県と和歌山市が同会を通じて通訳介助者に支給する報酬の一部を、
会員で積み立てて準備金に回すが、それでも月に6万~7万円だ。

まだまだ「盲ろう」というダブル・ハンディーキャップ(二重苦)の言葉自体、浸透が進んでおらず、
寄付など支援の手も届きにくいのが実情だ。
友の会は「まず、多くの人に盲ろう者の存在を知ってもらいたい」と呼びかけている。

手話パンフ:市職員向け 窓口業務に役立てる 大和郡山 /奈良

2015.08.24 14:57|情報
以下、毎日新聞 より引用

*******************************************************

県内初の「手話に関する基本条例」を4月に施行した大和郡山市は、
職員向けのパンフレット「手話であいさつ」(A4判、8ページ)を1500部作製した。
職員らに配り、窓口業務などに役立てる。

条例は手話を言語と位置付け、
聴覚障害者が安心して暮らせる地域社会実現を目指して3月議会で制定された。
パンフでは、あいさつをはじめ、窓口業務に必要な基本的な手話を写真付きで分かりやすく紹介。
指文字による数字の表現や筆談のコツなども説明している。

かと。のイラスト講座②

2015.08.22 18:51|行事報告
8月20日(木) 支援センター研修室において、
イラストレーターかと。氏をお招きし、
イラスト講座(全3回のうちの2回目)を行いました。

2015082001.jpg

テーマは「文字を描いてみよう」
参加者は7名(うち小学部1名)でした。

はじめは、第1回の復習。
まる、さんかく、しかくの図形を使って描く練習と
対象物の特徴を見て、わかりやすく描く練習をしました。

2015082009.jpg

まる、さんかく、しかくは、一見簡単な図形ですが
頭でイメージしたものをそのまま絵にするための
とても大事なポイントとなるそうです。
何度も描いて練習することが大事だとアドバイスがありました。

2015082002.jpg

その後、お坊さんやコックさんなどのキャラクター描きにも挑戦。
特徴を見て、わかりやすく描く作業は難しそうですが
みなさん前回より上達したようで、講師もうれしそうでした。

2015082006.jpg 2015082007.jpg

いよいよ今回のテーマ「文字を描く」

年賀状や誕生日カードでイラストと一緒に盛り上げてくれるのが「文字」で、
一般的な技法を「レタリング」と言います。

201508208.jpg

文字を描くための3つのルール「場所(位置)」「形」「文字の太さ」を決め、
それに合わせてきっちり描くことが、この技法の特徴となります。

2015082003.jpg

ルールがないとバランスの悪い形になってしまいますが
統一すれば、きれいな文字ができるということで、
「あけましておめでとう」を、イラスト風にアレンジ。
それぞれ個性的な作品ができあがりました。

2015082005.jpg

次回は26日(水)の「絵と文字を描いてみよう」

今までの2回は黒ペンを使っての実習でしたが、
次回はカラフルな色ペンを使います。
どんな作品が仕上がるのか、とっても楽しみです。

視覚障害者が操作できるATMは8割 金融庁が銀行や信金を調査

2015.08.18 11:34|情報
以下、福祉新聞 より引用

****************************************************

金融庁が7月22日に発表した「障害者等に配慮した取り組みに関するアンケート調査」の結果で、
全国の金融機関(銀行、信用金庫、農協など)に置かれたATMのうち、
視覚障害者が自分で操作できるATMが78%あることが分かった。
全国1407機関を対象に今年3月末時点の対応状況を聞いた。

1407機関の本支店・出張所12万885店舗に設置されたATMは、計16万8404台。
視覚障害者対応ATMは8万8091店舗(全体の73%)に13万1687台(78%)置かれていた。
また4万4054台(26%)に文字拡大機能が、
3万9123台(23%)に視覚障害者単独で暗証番号が変更できる機能が付いていた。

車いす使用者に配慮したATMは9万2182店舗(76%)に、14万92台(83%)置かれていた。

自筆困難者への預金取引の代筆規定があるのは1401機関(99%余)、
視覚障害者への代読規定があるのは1386機関(99%)、
点字による残高通知書を発行しているのは75機関(5%)だった。

店舗設備(ネットバンク専用店舗除く)は、
3万4802店舗(29%)にスロープが、2万2431店舗(19%)に点字ブロックが、
1万9174店舗(16%)に車いす使用者用ローカウンターがそれぞれ設置されていた。

かと。のイラスト講座② 延期のお知らせ

2015.08.12 18:00|事業案内
明日に予定されていた2回目の講座は、
都合により 20日(木)に延期 となりました。

これに伴い、3回目の講座は、
26日(水)に延期 となります。ご了承ください。

アマゾンがオーディオブックに参入 視覚障害者の読書が広がる可能性

2015.08.07 10:19|情報
米アマゾンドットコムは7月14日、書籍を音声化したオーディオブックの配信を国内で始めた。
初月は無料でその後は月1500円で聞き放題だという。

利用者は専用のアプリをスマートフォンにダウンロードして使用。
スリープタイマーもあり、再生速度を変えることもできる。

配信するのは、アマゾンの傘下でオーディオブック米最大手のAudible(オーディブル)。
ドイツやフランスでも展開しており、日本は6カ国目。

日本への参入にあたっては、国内最大手の㈱オトバンクとも連携し、
最初に約2000作品を提供してもらうという。
オトバンクには、視覚障害のある会員が数千人程度いるが、
今後アマゾンの参入により、視覚障害者の読書利用が拡大する可能性もある。

現在、オーディオブックの国内市場は50億円程度。
一方、アメリカでは1600億円の市場規模とされている。

かと。のイラスト講座①

2015.08.06 18:21|行事報告
8月6日(木) 支援センター研修室において、
イラストレーターかと。氏をお招きし、
イラスト講座(全3回のうちの1回目)を行いました。

2015080602.jpg

今回のテーマは「絵を描こう」
参加者は10名(うち小学部5名)でした。

2015080603.jpg

まず初めに、隣の人とペアになって、お互いの似顔絵を描きました。
細かくきれいに絵を描ける人、自分の思ったように描けない人など、
思い思いの似顔絵ができあがりました。

2015080605.jpg

もちろん上手に描けるといいのですが、
似てない・長さが違う・ミスした と、思い悩むのではなく
こういう書き方もありだよね と、思ったままに描けばいい と
講師から アドバイスがありました。

2015080607.jpg

次に、簡単な図形を使ってイメージしたものを描く という練習を。
 まる → リンゴ ボール アンパンマン 時計
 さんかく → チョウチョ さんかくおにぎり 木
 しかく → サイコロ ノート マンション

そして、これらの形を組み合わせて、
魚 お家 イカ と、いろいろなイラストを描いてみました。

2015080606.jpg

図形の発想力を高めたら、似顔絵に挑戦です。
似顔絵は難しいですが、人の特徴を分かりやすく描くと意外と簡単。
少ないパーツで描きやすいのがポイントです。

2015080604.jpg

大人にも子どもにも分かりやすく説明してくださったので
参加者は「とっても楽しかった」「家で何回も練習するつもり」と
笑顔でこたえてくれました。

次は13日の「文字を描こう」です。
たくさんの参加をお待ちしています。

2015080601.jpg

8月12日追記:明日に予定されていた2回目の講座は、都合により 20日(木)に延期 となりました。
       これに伴い、3回目の講座は、26日(水)に延期 となります。ご了承ください。

難聴者のためのIT講座③

2015.08.04 08:54|事業案内
第3回のテーマは「ワードを使いこなそう」

もっとも汎用されているワードを使って、文章を作成したり、
ワードでしかできないことなどを、勉強してみましょう。

希望のコースを明記の上、下記へお申し込みください。
(要約筆記がつきます)

***************************************************

日時 2015年9月24日(木) 10時~15時
  * 初心者 「ワードを使いこなそう!(基本編)」 (10時~12時)
  * 経験者 「ワードを使いこなそう!(応用編)」 (13時~15時)
場所 奈良県聴覚障害者支援センター 研修室
講師 西 邦夫 氏  (芝パソコン同好会 講師)
費用 無料 (ただし、受講にはパソコンと延長コードが必要)
定員 各コース10名 (申込制:2015年9月17日 〆切)

申込先  奈良県聴覚障害者支援センター
         0744-21-7888 (FAX)
         0744-21-7880 (TEL)

     = 詳しくはこちら =

**************************************************

gyoji20150924.jpg

わかやま大会の手話PV 小西さん企画

2015.08.03 10:02|情報
以下、わかやま新報 より引用

****************************************************

開幕まで80日余りとなった障害者スポーツの祭典「紀の国わかやま大会」を盛り上げようと、
同大会のイメージソング「明日へと」の手話プロモーションビデオの制作が進んでいる。
和歌山市の紀三井寺公園陸上競技場周辺での収録には約200人が参加し、
歌詞を手話で表現しながら、軽快な音楽に合わせて笑顔でステップを踏んだ。

呼び掛け人は田辺市出身の俳優・小西博之さん(55)。
小西さんは同大会開会式のオープニングプログラムなどに参加を予定している。
3年前から手話を習っており、「明るく楽しい、躍動感ある手話DVDを」
「障害がある人もそうでない人も垣根を越えて通じ合えるような映像に」と企画し、
県などに働き掛けて実現した。

映像は「驚き」や「感動」をコンセプトに、那智勝浦町や湯浅町、田辺市など県内10カ所で撮影。
聴覚に障害のある人や手話サークルメンバーの他にも、陸上や車椅子バスケットボールの選手など、
さまざまな障害のある人が協力し、出演しているという。

小西さんは「私たちがよく目にするような手話映像ではなく、格好いいものにしたいと思った。
 興味や関心がなかった人にも、『手話は楽しい』と感じてもらいたい。
『国体・大会ってこんなに楽しい』と希望や勇気が湧くような感動の映像を和歌山から発信したい」と
意気込んでいる。

5分程度の物語性のあるDVD映像に仕上げ、
近く同大会実行委員会ホームページなどで公開される予定。

収録に参加し、開会式にも出演予定の橋本市の土井ふじ子さん(65)は
「歌って踊って、みんなで参加している気分になって楽しかったです。
 全国からたくさんの人においでいただきたいです」と手話で喜びを表現。
紀の川市貴志川町の手話サークル「ポケット」の稲葉由美子さん(61)は
「こんな体験は一生に一度きり。皆さんが感動できる大会になるよう、本番に向けて頑張ります」と
笑顔で話していた。
| 2015.08 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ