手話言語条例 73自治体で成立 全国で制定広がる

2017.01.30 14:33|情報
以下、毎日新聞 より引用

*****************************************************

手話を「言語」として普及させるための「手話言語条例」を制定する動きが広がっている。
全日本ろうあ連盟(本部・東京)のまとめ(20日現在)では9県56市8町の73自治体で成立し、
大阪府など19自治体が準備を進めている。
制定を機に医療機関や観光案内で手話を取り入れるなど、独自の取り組みを始める自治体も出てきた。

初の条例は2013年に鳥取県で制定された。
同年に2自治体▽14年8自治体▽15年22自治体▽16年41自治体--と広がった。

内容は自治体によって異なるが、大半は手話の普及で聴覚障害者とそれ以外の住民が
互いを尊重し共生することが目的とうたう。手話を学ぶ機会の確保や手話通訳者の派遣、
相談拠点の支援などを定め、事業者にも雇用環境整備などを求める。

鳥取県は14年から全国の高校・特別支援学校を対象にした「手話パフォーマンス甲子園」を毎年開催。
手話によるダンスや演劇、コントなどで表現力を競う大会で、昨年は61チームが参加した。
過半数が聴覚障害者以外のチームで、練習を機にろう学校との交流を始めた高校もある。担当者は
「手話が使えるようになって楽しいとか、将来は福祉系の仕事に就きたいといった感想が寄せられている」と手応えを語る。

福島県郡山市では東日本大震災で罹災(りさい)証明などの手続きの際、手話通訳の必要性を市職員が実感したという。
15年にできた条例は、医療機関が手話を使いやすい環境を整備するよう規定。
市は医療関係者らを対象にした手話講座を開催し、現場では風邪の症状を尋ねるなど簡単な手話が導入されている。

京都市は昨年3月制定の条例で、手話が必要な観光客らに「もてなしの心」でサービスをするよう定めた。
寺社やホテル、観光案内所のスタッフらに手話の研修も実施した。

「手話言語法」の制定を求めている全日本ろうあ連盟の久松三二(みつじ)事務局長は
「当事者や市民の声を取り入れて、各地で特徴のある条例ができている。
想定以上に広がっており、多様な言語文化を認める地域がさらに広がれば」と期待する。

手話は明治時代が起源とされるが、ろう学校では1933年ごろから読唇と発声訓練による口話法が広まり、
「日本語が身につかない」との理由で手話は事実上禁止された。
2006年に国連障害者権利条約(日本は14年に批准)で非音声言語も「言語」と明記され、
11年の改正障害者基本法で手話が言語に含まれると規定された。
スポンサーサイト

難聴者のためのIT講座⑥

2017.01.27 16:09|事業案内
前回学習したパワーポイント。
コツがわかれば、ステキな作品ができあがります。

今回も、楽しみながら作成してみませんか?

希望のコースを明記の上、下記へお申し込みください。
(要約筆記がつきます)

***************************************************

日時 2017年3月29日(水) 10時~15時(うち1時間休憩)
     「体験してみよう!パワーポイント」
場所 奈良県聴覚障害者支援センター 研修室
講師 西 邦夫 氏  (芝パソコン同好会 講師)
費用 無料 (ただし、受講にはパソコンと延長コードが必要)
定員 10名 (申込制:2017年3月22日 〆切)
申込先  奈良県聴覚障害者支援センター
         0744-21-7888 (FAX)
         0744-21-7880 (TEL)

     = 詳しくはこちら =

***************************************************

gyoji20170329.jpg

手話と戦争

2017.01.26 14:40|情報
以下、毎日新聞 より引用

*****************************************************

戦時中、高射砲弾の信管を造る軍需工場が兵庫県尼崎市にあった。
今はない尼崎精工という会社で2000人近くが働き、その中に100人を超える聴覚障害者がいた。

1940年にぜいたく禁止令が出され、京都で着物の染色をしていた聴覚障害者が仕事を失う。
その人たちを採用したのが始まりという。

多くの聴覚障害者をその後も雇ってもらおうと彼らは人一倍働いた。
グループ別の生産競争で優勝し、相撲大会でも活躍した。
身を寄せ合って生き抜くため工場内に自治組織も結成している。

これらの事実は、社会福祉法人理事長を務める洲本市の大矢暹(すすむ)さん(69)が当時の工員たちに聞き取り、
資料を読み込んで突き止めた。元工員からは「私の造った爆弾はたくさんの人を殺した」という証言も得た。
国家総動員体制に組み入れられた聴覚障害者のつらい言葉だ。

大矢さん自身も子どもの時から聴覚に障害がある。
調査のきっかけは20代前半の頃、年配の人が手話で「尼崎」を表現するのに、銃を構える動作をしたことだ。
手話に隠された歴史を追い続け、その成果となる研究論文がこの秋刊行された市制100年記念の尼崎市史に載った。

高度成長期に多くの自治体が通史を出した。
しかし、尼崎市のように歴史資料を保管、公開している公立の史料館があるところは少ない。
コストがかかるのが理由とはいえ、歴史や文化は地域の財産という意識を持つのは大切なことだろう。

産業戦士となった聴覚障害者に光を当てた大矢さんの労作は、
史料館の専門職員からの助言がなければ埋もれたままだったかもしれない。
市民の研究を支える拠点を増やしたい。

欽ちゃん&香取信吾の全日本仮装大賞

2017.01.18 08:56|情報
以下、情報提供がありました。

**************************************************

ろう者5人と聞こえる人1人のグループが
『欽ちゃん&香取信吾の全日本仮装大賞』に出演しました。

視聴者賞なるものもあるそうです。
リアルタイムで視聴できる方は、投票で参加しても
盛りあがるのでは?

第94回 欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞
2017年1月21日(土)19時~ 日本テレビ
欽ちゃん&香取慎吾の全日本仮装大賞 ← クリック

**************************************************

「ミライスピーカー」 難聴者に優しい“音のバリアフリー”

2017.01.16 14:15|情報
以下、産経ニュース より引用

*****************************************************

難聴者でも音声を聞き取ることができる「ミライスピーカー」が、活躍の場を広げている。
開発したのはサウンドファン(東京都台東区、佐藤和則社長)。
健聴者にも聞き取りやすく、両者が同じ空間で同じ音を共有できるのが特徴だ。

羽田空港国内線の日本航空搭乗口。ミライスピーカーから、最終の搭乗案内のアナウンスが流れた。
ざわざわとしている空港内でも聞き取りやすく、「乗り遅れそうになった」というクレームが激減したという。

一般的なスピーカーは一点の音源から音波を発生させるため、距離に応じて音が低減するのに対し、
ミライスピーカーは、曲面から音波を発生させることで遠くまで届くようになった。

開発のきっかけは佐藤社長が、音楽療法を手掛ける大学の先生から
「難聴の高齢者は通常のオーディオスピーカーよりも蓄音機の方が聞きやすい」という話を聞いたこと。
「蓄音機の金属管の曲面に秘密があるのでは」との直感に基づき試作機を完成させた。
重度の加齢性難聴で悩んでいた父親に聞かせたところ、「よく聞こえる」と喜ばれ、本格的な開発に乗り出した。

これまでに銀行など金融機関の店舗のほか、タイの病院の待合室にも設置された。
佐藤社長は「難聴者にも健聴者にも聞こえやすい環境をつくり、音のバリアフリーを実現したい」と話している。

鉄道「鉄」学 よもやま話

2017.01.14 17:18|行事報告
1月7日(土)当センター研修室において、山中 照章 氏(奈聴協理事)をお招きし、
鉄道「鉄」学 よもやま話 と題した鉄道に関する講演をしていただきました。

2017010701.jpg

参加者は、3名。

年始早々の企画だったためか、参加者は少なかったものの、
鉄道の歴史・マニアの種類・県内の珍現象など、
多岐にわたるエピソードを紹介していただきました。

2017010702.jpg

身近なお話と充実した内容で、大変好評でしたので、
来年度中に、第二弾を行う予定です。
次回もぜひ、お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

作品のご紹介

2017.01.13 09:53|つれづれ
2017011306.jpg

新春早々、支援センターに 新たな作品が届きました。
京都の『南座』 です。

まねき看板には、歌舞伎役者の名前(まねき上げ)が
芝居文字である勘亭流(かんていりゅう)で書かれているのですが、
それをも、ひとつひとつ丁寧に再現して描かれています。

ぜひ、ゆっくり鑑賞しにいらしてください。
お気に入りの役者さんの名前が見つかるかもしれませんよ。

理研:網膜の難病、iPSで光…マウスで治療成功

2017.01.11 09:47|情報
以下、毎日新聞 より引用

*****************************************************

理化学研究所は、有効な治療法が確立されていない目の難病「網膜色素変性症」のマウスに
iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った網膜組織の細胞を移植し、
光の感知機能を回復させることに成功したと発表した。
成果は10日付の米科学誌「ステム・セル・リポーツ」(電子版)に掲載される。
理研は2年以内にヒトでの臨床研究の申請を目指す。

◇ヒトへの応用、2年以内目指す

網膜色素変性症は、網膜内で視覚情報を伝達する細胞に異常が起き、
暗い場所で物が見えにくくなったり、視野が狭くなったりする遺伝性の病気。
理研によると、3000人に1人が発症し、進行すると失明につながる。
有力な治療法として、電子機器による人工網膜の開発が進められているが、根治する手立てがないのが現状だ。

研究チームは、マウスのiPS細胞から作った細胞のシートを末期の変性症のマウスの網膜に移植し、
光を当てた5秒後に電気ショックを与える実験を実施。
すると、移植に成功したマウスの約4割が健康なマウスと同じように、光を感知して電気ショックを避けるようになった。
また、移植したシートは網膜内の他の細胞と連携し、脳に伝わる直前の細胞まで視覚情報が届いていた。

理研の万代(まんだい)道子・副プロジェクトリーダーは
「回復しなかったマウスは網膜内の移植場所などに問題があるかもしれず、今後の検討課題だ」と話す。

目の難病患者へのiPS細胞を使った臨床研究では、加齢黄斑変性の患者に、
網膜の細胞のシートを移植する手術を実施している。

ライブラリー情報

2017.01.10 16:00|ライブラリー・DVD
自主制作DVD 第20弾
「一人ひとりが輝いて~鳥取県手話言語条例制定より~」の貸し出しが、始まりました。

20160110.jpg

第26回女性のつどいでの講演です。
薄いピンク色のディスクが目印ですよ。

iPS細胞で難聴発症の仕組み解明 慶大などのグループ

2017.01.09 10:22|情報
以下、朝日新聞DIGITAL より引用

*****************************************************

進行性の難聴「ペンドレッド症候群」の患者のiPS細胞から内耳の細胞を作り、発症の仕組みを解明することに、
慶応大などのグループが成功した。3日付米専門誌に発表した。

ペンドレッド症候群は、3歳ごろに難聴と判明することが多く、
めまいや甲状腺のはれを伴い、言葉の発達が遅れる可能性もある。
ペンドリンというたんぱく質を作る遺伝子の異常が原因とみられているが、発症の詳細な仕組みは不明だった。

グループは、患者の血液からつくったiPS細胞から内耳細胞を作製し、
健康な人のiPS細胞から作った内耳細胞と比較した。

その結果、患者の内耳細胞ではペンドリンが異常に凝集し、細胞が死にやすくなっていることがわかった。
アルツハイマー病などと同様に、細胞に異常なたんぱく質がたまることが原因とみられる。

次に、治療薬の候補を探すために、既存の薬が細胞死を抑えるかどうかを細胞レベルで実験した。

その結果、免疫抑制剤としてわれているシロリムスが、効果的に働くことを見つけた。
グループの岡野栄之教授は「臨床研究の準備を進めている。
さらに、iPS細胞から内耳の細胞を作りだすことで、さまざまな難聴の治療法開発にも役立てられそうだ」と話している。

新春を寿(ことほ)ぐ

2017.01.06 14:39|つれづれ
2017010601.jpg

見わたせば 春日の野辺に 霞立ち
 咲きにほへるは 桜花かも  (万葉集1872番)


奈良公園の入口である県庁東側、
雲井(くもい)坂と呼ばれたあたりに、この歌碑があります。

碑面は「元暦校本」から採った美しい万葉仮名で、
古寺の礎石を模した石の上に建てられています。


2017010602.jpg

今年もどうか、笑顔多き年になりますように。

センター業務(2017/01)

2017.01.05 09:00|お知らせ
2017年が明けて 5日経ちました。
本日より、支援センター 業務再開です。

1月は、研修やセンター外での講座も多く
またその日程が 重なることが 多々あります。

勤務体制の都合上、電話対応が難しくなったり
やむを得ず、開所時間を短縮する場合があります。
お知りおきください。


なお、本日は15時までの開所となっております。
本年も、どうぞ よろしくお願いいたします。
                             職員一同


img_20170105.jpg

 2017年酉年 橿原神宮大絵馬
    日本画家 藤本静宏 氏(奈良県美術人協会会員)

年頭のごあいさつ(2017/01)

2017.01.01 06:00|ご挨拶
新年あけましておめでとうございます。
皆さまにおかれましては、お健やかに新しい年をお迎えのことと存じます。

日ごろより、当センターの事業・運営に対し、
温かいご理解とご支援をいただき、厚くお礼申しあげます。

昨年は、奈良県聴覚障害者支援センターの第二期指定管理者選定の年にあたり、
申請書類の作成、選考委員会へのプレゼンテーション等に対応してまいりました。

県議会での「手話言語条例」制定に向けての勉強会や、厚生委員会での意見聴取などを重ね、
本年2月県議会での制定を目指しております。

皆さまご存じのとおり、当センターは2012年9月に開所し、今年で6年目を迎えます。
手話通訳士養成講座の開講や全国統一要約筆記者認定試験の導入など
新しい事業を少しずつ拡充し、精力的に取り組んでまいる所存ですので
昨年同様 ご指導ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


2017年 元旦
奈良県聴覚障害者支援センター
所長  長谷川 芳弘
| 2017.01 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ