県手話言語条例制定へ - 聴覚障害者の社会参加促進/障文祭で全国発信

2017.02.28 11:51|情報
以下、奈良新聞 より引用

*****************************************************

手話への理解や環境整備を進め、聴覚障害者の社会参加を促す「県手話言語条例」案が、
きょう27日に開会する県議会の2月定例会に議員提案される。
ろう者や難聴者の意見や要望を反映、実効性のある内容となっており、4月の施行を目指す。
県議会の厚生委員会(西川均委員長、9人)が昨年9月から超党派で条例制定を検討。
先進地の沖縄県内を視察するなどして、案づくりを進めてきた。

昨年10月には同委員会が、ろう者や盲ろう者、難聴者のほか、
県内の障害者福祉施設の事業者ら計6人から意見を聴取。
難聴者や中途失聴者にも手話を学ぶ権利を条例に盛り込むよう要望を受け、案に反映した。

ほかにも条例案では、手話を学ぶ機会の確保や手話通訳者の派遣、事業者の雇用環境整備なども求めている。

県は平成7年、全国に先駆けてろう学校の幼稚部にろう者の教諭を配置しており、手話教育を推進。
条例案は、前文でこうした手話と県の歴史に触れ、条文で手話の普及や理解促進、手話通訳者の養成に関する
施策を推進方針として定めることを義務付ける。

条例案の前文では今年9月~11月に県内で開催される「第32回国民文化祭・なら2017」と
「第17回全国障害者芸術・文化祭なら大会」にも触れ、全国初の一体開催の意義と、
障害のある人とない人の絆を深めて文化の力で全国に発信すると述べている。
全日本ろうあ連盟によると、今年13日現在、同様の条例が9県56市8町の計73自治体で成立、
県や大阪府など19自治体が制定準備を進めている。県内の市町村で制定済みは大和郡山市だけ。

同条例の制定以外に、県議会では2月の定例会から、インターネットによる本会議の生中継で試験的に手話通訳を導入。
6月の定例会からはテレビ中継でも導入する。

平成27年2月に制定された「県障害のある人もない人もともに暮らしやすい社会づくり条例」に基づく取り組みで、
議会審議を耳の不自由な人にも分かりやすく発信する。

西川委員長は「言語として位置づけられた手話を県民が使いやすい環境にするのは県の責務。
 条例を施行して取り組みを進めたい」と意気込んでいる。
スポンサーサイト

「マスクで隠さず唇を見せて」聴覚障害者の願い、ネットで拡散

2017.02.27 10:15|情報
以下、Y!ニュース より引用

*****************************************************

「聴覚障害者と話すときはマスクをずらして唇を見せて欲しい」。
そんな願いが、Twitterで37,000リツイート以上され話題になっています。

この願いを投稿したのは聴覚障害4級の極楽寺坂みどりさん(@masami5681)。
Twitterでマスクについての悩みを投稿し、それをまとめた内容を新聞に投書したところ掲載されたとのことです。

風邪やインフルエンザの予防、花粉症対策などからマスクをつけるのはもちろん、
2014年に行われた調査では10・20代女性の4割が「伊達マスク」をつけた経験があるなど、
マスクの装着率は年々増加傾向にあります。

聴覚障害者の方がマスクに対してどう困っているのか?
ツイートを投稿された極楽寺坂みどりさん本人に話を伺いました。

「5~6年前からマスク姿の人が増えた」

――投書を拝見致しました。寒くなるとマスクをつける人は多くなるのでしょうか?

「マスクをつける人が増えてきたなぁと感じるようになったのは、5~6年前です。
 季節と関係なく、マスク姿の人が増えたなと。今のマスクは大きいので、顔を隠す面積が広いですよね。
 聞こえとは関係なく、帽子&マスクで誰だかわからない人が増えてイヤだなと思ったものです」

――唇の動きを読むことで意味を理解されているということですが、実際どれくらい分かるものなのでしょうか?

「私は“読唇術”のような技術をならったことはありません。
 でも私のつぶやきに、多くの難聴者の方が『その通り!』、『よく言ってくれた!』というリプライをくれていますので、
 同じ思いをしている人が多いんだなと思いました。
 “どれくらい唇が読めるのか”という質問への回答は難しいですが、
 マスクをされると困るという人がこれだけ多いわけですから、唇からの視覚情報は相当に重要なのだと思います。
 試しに、音声を消してテレビをご覧になってみてください。
 声が聞こえなくても、案外、話の内容がわかる(想像できる)ことに気づかれるのではないでしょうか」

――例えばどういったときに聞き取れなくて困られましたか?

「聞き取れなくて困ったエピソードはいくらでもありますが……マスクの件とは別に
 “名前を呼ばれるのを待つ”というシチュエーションでは、難聴者は常にかなりの緊張にさらされます。
 病院の待合室、区役所の窓口、携帯電話ショップ、コーヒーチェーン店などは苦手です。
 だから銀行のように番号札を渡されて、番号がディスプレイに表示されるシステムなどはとてもありがたいです」

「相手の耳にちょっとだけ意識を向けて欲しい」

――補聴器についてですが、医師や看護師の方は気づかれることが多いですか?

「医師や医療従事者のあいだでは、補聴器をつけている人やお年寄りにはマスクをはずす……というのは、
 必ずしも広まっているようでもないみたいです」

――補聴器に気づくにはどういった点に注意すると良いでしょうか?

「補聴器をつけていることをどうやって確認するか。これが難しいのは仕方ないです。
 見せたくない、知られたくないと思う人も多いし、髪で隠れてしまうし、耳の穴にスッポリ入るタイプも多いです。
 “耳穴タイプ”は、軽度~中程度の難聴の人向けです。耳たぶにかける“耳かけタイプ”は、重度の人向けです。
 なので、耳かけタイプの補聴器を使っている人は『重い難聴なんだなぁ』と思って間違いありません。
 接客を仕事にしている人は、まず相手をさっと観察するのが常だと思いますが、
 そのときに相手の耳にもちょっとだけ意識を向けてもらえればと思います」

*****************************************************

追記(2月27日5時43分)

補聴器について販売に携わっている方から
「“耳穴タイプ”、“耳かけタイプ”は症状ではなく人によって異なっている」との指摘を頂いたため、
コメントをそのまま掲載します。誤った情報を掲載して申し訳ありません。

「耳あな型は軽中度向け、耳掛け型は重度向けというのは間違っています。
 耳あな型でもハイパワーが必要な重度難聴者もいますし、耳掛け型でも軽度難聴者はいます。
 それぞれの方で手先の器用さや耳の状態など使いこなせるものを話し合って形状を決めていくものですので、
 耳掛け型=高度重度難聴者というわけではありません」

また、この記事は聴覚障害者の方が
「マスクをしたまま話しかけられると理解しにくい」ということを広めることが目的であり、
決して「だから外では絶対にマスクを外せ」というものではありません。
ご理解頂けると幸いです。

「電話お願い手帳Web版/アプリ版」の提供について

2017.02.24 14:04|情報
以下、NTT西日本ホームページより引用

*****************************************************

NTT西日本では、耳や言葉の不自由な方向けに、外出先でのコミュニケーションツールとして1983年より
「電話お願い手帳」(冊子版)を継続して発行してまいりましたが、
近年、インターネットに接続できる携帯端末(スマートフォン、タブレット、フィーチャーフォン等)の
普及が進んでいることを踏まえ、
「電話お願い手帳Web版/アプリ版」を提供しております。
ぜひご利用いただきますようお願いいたします。

詳細は こちら

18年前期朝ドラは北川悦吏子作品 聴覚障害あるヒロイン描く

2017.02.23 10:54|情報
以下、Y!ニュース より引用

*****************************************************

NHKは22日、19年度前期の連続テレビ小説を発表し、
朝ドラ史上初めて障がいのあるヒロインになることを明かした。
タイトルは「半分、青い。」で、脚本家の北川悦吏子さん(55)によるオリジナル作品。

高度成長期の終わりから現代までを舞台に、
岐阜県に生まれ、病気で左耳を失聴したヒロインが上京後の挫折、離婚などを経験しながらも
明るく生き抜いていく姿を描く。
同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみとの恋模様も見どころになる。

北川さんは木村拓哉(44)主演のフジテレビ「ロングバケーション」などで知られるヒットメーカー。
TBS「愛していると言ってくれ」でも聴覚障がい者の恋愛を描いた。
朝ドラを手掛けるのは今回が初めて。
会見では「私も朝ドラも1961年生まれの同い年。やっと巡りあえた」と話した。

ヒロインは今後、オーディションで決定。
今週にクランクインし、放送は18年4月2日から半年間を予定している。

字幕付き邦画上映会

2017.02.22 17:58|お知らせ
以下、奈良県中途失聴・難聴者協会 よりご案内です。

******************************************************

平成28年度奈良県中央善意銀行助成事業として、
聞こえない人も聞こえる人もともに楽しむ字幕付き邦画上映会を行います。

 日時:2017年2月26日(日)
 場所:奈良県社会福祉総合センター 大ホール
 上映:①10時30分~12時30分 ②13時30分~15時30分

 日時:2017年3月26日(日)
 場所:奈良県文化会館 小ホール
 上映:13時~15時

いずれも無料です。
たくさんのお越しをお待ちしています。

主催:奈良県中途失聴・難聴者協会
お問い合わせ:奈良県聴覚障害者支援センター
 (奈良県中途失聴・難聴者協会に繋ぎます)

******************************************************

レッツゴー、ドロボー。

刑法39条があるから大丈夫!?
兄と弟がつむぎだす、緊張感ゼロのドロボームービー。

ダウン症の青年が主役を演じる、意外と社会派?コメディー!
39(サンキュー)窃盗団 ← クリック

gyoji20170226.jpg

盲ろう者専用施設の開所式

2017.02.20 11:55|情報
以下、NHK NEWS WEB より引用

*****************************************************

目と耳が不自由な人たちが、自立を目指して、共同で生活する専用のグループホームが、
全国で初めて大阪市に完成し、開所式が行われました。
このグループホームは、目と耳が不自由な盲ろう者の支援をしているNPO法人「すまいる」が、
大阪・天王寺区に開設しました。
19日の開所式には、施設の職員や入居者など約80人が出席し、テープカットをして完成を祝いました。

新しい施設は5階建てで、10人の盲ろう者が入居して、共同で生活できるようになっています。
各部屋の前にはインターホンがあり、ボタンを押すと、ベッド下にある装置が作動して振動で知らせます。
手すりや床、風呂やトイレの入り口などには、点字が付けられていて、
プライバシーを守りながら、盲ろう者が自分で情報を得られるよう、様々な工夫が行われています。

全国盲ろう者協会によりますと、盲ろう者は全国で約1万4000人いるとみられていますが、
これまで専用の入居施設はなく、自宅で引きこもりがちになったり、
通常の施設に入居しても孤立してしまったりするケースも少なくないということです。

グループホームを運営するNPO法人「すまいる」の理事長で、盲ろう者でもある門川紳一郎さんは
「周囲の支援を得ながら、盲ろう者が安心して楽しく生活できるような場所にしていきたい」と話していました。

ともに楽しむ字幕付き邦画上映 難聴者協会主催

2017.02.18 19:39|情報
以下、朝日新聞 より引用

*****************************************************

聞こえない人も聞こえる人も一緒に邦画を楽しめるように。
そんな思いから、邦画に字幕をつける活動に取り組む人たちがいる。
26日と3月26日、自分たちで字幕をつけた邦画の上映会を開く。

 こんにちは こんにちは

2人の登場人物があいさつを交わす場面が、字幕とともにスクリーンに浮かんだ。
「1行に出ると違和感があるね」「改行した方がわかりやすいんちゃう?」

 こんにちは
 こんにちは

「こっちの方がいいな」

1日、橿原市大久保町の県社会福祉総合センターに県中途失聴・難聴者協会のメンバー約10人が集まっていた。
上映会の映画につける字幕を確認し、改善策を話し合った。
協会は中途失聴・難聴者のほか、健聴の要約筆記者ら計100人あまりが所属する団体だ。

映画作品のバリアフリー化に取り組む東京のNPO「メディア・アクセス・サポートセンター(MASC)」のまとめでは、
昨年劇場公開され、日本語の字幕付きで上映された邦画は約80作品で、全体の1割ほどにとどまった。
協会は邦画に字幕をつける取り組みを企画。県社会福祉協議会の助成事業に選ばれた。

上映会に選んだ映画は「39(サンキュー)窃盗団」(押田興将監督、2011年)。
心神喪失者の行為は罰しないなどと定める刑法39条のおかげで刑務所に入らなくてすむと
詐欺師がダウン症の兄と発達障害の弟をそそのかし、兄弟らが泥棒の旅に出る社会はコメディーだ。

MASCが開発したソフトを利用。
字幕用の文字をパソコンで打ち込み、映像とタイミングを合わせてソフトを通して再生すると、字幕が流れる。

擬音やBGMも「ガラスの割れる音」「♪~」などと表す。
せりふの多い場面や複数の人が話す場面は字幕のタイミングや改行が難しく、
登場人物によって字幕の色を変えるなどの工夫をした。

会長で難聴の出口明子さん(57)は以前、字幕がないためこの作品を見るのをあきらめた。
「難聴者らはマイノリティー。字幕を要望する声も届きにくい。
 でも字幕があれば、みんなが一緒に楽しめることを知ってほしい」

26日は午前10時半と午後1時半からの2回、県社会福祉装具尾センターで上映。
3月26日は奈良市登大路町の件文化会館で午後1時から上映する。いずれも無料で申し込み不要。
問い合わせは安藤さん(電話・ファックス=番号記載あり)

*****************************************************

このブログを見ての問い合わせは、当センターへ
(電話 0744 21 7880 ファックス 0744 21 7888)

要約筆記者が足りない 養成講座ぜひ参加を

2017.02.17 11:10|情報
以下、中日新聞 より引用

*****************************************************

県内で要約筆記者のなり手が不足している。
要約筆記者の養成講座を実施する「あいち聴覚障害者センター」(名古屋市中区)が
2017年度の講座参加者を募集しているが、応募者は10人程度と低調。
一方、障害者側の要約筆記の需要は増加が見込まれ、
担当者は「まだ絶対数が足りていない」と人手の確保に奔走している。

要約筆記者は、聴覚障害者が会話したり講演を聞いたりする際、
紙に書いたり、パソコンで打ち込んでスクリーンに文字を映したりして意思疎通を仲介する。
全国の聴覚障害者約八百万人のうち、手話ができるのは約二十万人とされる。
聴覚が衰えた高齢の難聴者など、手話を覚えていない人が増えていることが、要約筆記の需要増につながっている。

要約筆記は一一年度から全国統一の認定試験のある公的資格となった。
資格は「手書き」と「パソコン」の二種類あり、受験するには、
都道府県から委託された団体が実施する養成講座を受ける必要がある。

名古屋市を除く市町村への派遣業務も担う同センターに登録する要約筆記者は
現在、手書きが六十二人、パソコンが十七人。
講演会などへの派遣要請があると、交代のため一回三、四人が必要となるが、人数がそろわないことも多いという。

担当者の井川啓子さん(70)は
「平日や時間が不規則なケースで引き受けてくれる人が少ない。
 利用者がきちんと社会で情報を得るためには絶対数が必要だ」と訴える。

利用者の一人で県難聴・中途失聴者協会理事長の黒田和子さん(69)=北名古屋市=は
「困るのは病院など専門用語での説明があるとき。高い意識と資格を持って通訳してもらうと安心する」と話す。

養成講座は四月~一八年一月まで全二十回開催。応募期限は今月二十二日。
修了者は同年二月の認定試験が受けられる。

名古屋市内での派遣を仲介する市身体障害者福祉連合会(名古屋市中村区)も
一七年度の養成講座の参加者を二月末まで募集している。
数人の応募があるが、担当者は「もう少し多ければ」と話している。

字幕付き邦画上映会

2017.02.16 17:57|お知らせ
以下、奈良県中途失聴・難聴者協会 よりご案内です。

******************************************************

平成28年度奈良県中央善意銀行助成事業として、
聞こえない人も聞こえる人もともに楽しむ字幕付き邦画上映会を行います。

 日時:2017年2月26日(日)
 場所:奈良県社会福祉総合センター 大ホール
 上映:①10時30分~12時30分 ②13時30分~15時30分

 日時:2017年3月26日(日)
 場所:奈良県文化会館 小ホール
 上映:13時~15時

いずれも無料です。
たくさんのお越しをお待ちしています。

主催:奈良県中途失聴・難聴者協会
お問い合わせ:奈良県聴覚障害者支援センター
 (奈良県中途失聴・難聴者協会に繋ぎます)

******************************************************

レッツゴー、ドロボー。

刑法39条があるから大丈夫!?
兄と弟がつむぎだす、緊張感ゼロのドロボームービー。

ダウン症の青年が主役を演じる、意外と社会派?コメディー!
39(サンキュー)窃盗団 ← クリック

gyoji20170226.jpg

目の難病:人工網膜で「光」回復 阪大教授ら効果確認

2017.02.14 09:15|情報
以下、毎日新聞 より引用

*****************************************************

目の難病「網膜色素変性症」で失明した患者に電子機器の「人工網膜」を植え込み、視力を回復させる研究を、
不二門尚(ふじかど・たかし)・大阪大教授(医用工学)らが進めている。
既に臨床研究として失明患者への手術を実施し、効果を確認。
来年度に本格的な臨床試験(治験)を申請し、医療機器として2021年の承認取得を目指す。

網膜色素変性症は、網膜内で視覚情報を受け取る「視細胞」に異常が起き、
視野が狭まったり、暗がりで見えづらくなったりする遺伝性の病気。
3000人に1人が発症するとされ、進行すると失明につながる。
iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた再生医療も検討されているが、現時点では根治する手立てがない。

人工網膜は、主に(1)電荷結合素子(CCD)カメラ付きの眼鏡(2)カメラの画像情報を受け取り送信する電子機器
(3)画像情報を電気信号で再現する5ミリ四方の電極チップ--で構成される。
電子機器は側頭部、チップは眼球後部にそれぞれ手術で装着し、電子機器とチップをケーブルでつなぐ。
使用の際は、側頭部の外側に出た電子機器と、眼鏡フレームとをケーブルで接続する。
カメラのスイッチを入れると、画像情報が眼鏡のフレームから電子機器を介してチップに届く仕組み。
チップは視細胞のような役割を果たし、視神経を通して脳に視覚情報を伝え、脳内で映像が再現される。

画像は白黒で、物体は黒い背景に白い点の集合体として認知される。
不二門教授は「現在はぼやっと見える程度。
改良しても、視力0.1程度、視野は15度までが理論的な限界」とする。
それでも、14~15年に実施した失明患者3人を対象とした臨床研究では、
2人が白線に沿って真っすぐ歩いたり、テーブルにある箸と茶わんを見分けたりする能力が向上した。
人工網膜のスイッチを切った場合でもある程度視力が回復したという患者もいた。
電気刺激を受け、残っていた視細胞などが活性化した可能性があるという。

治験は失明した変性症患者6人を対象に18年から実施する方針。
不二門教授は「有効性を詳しく確認し、患者の日常生活に役立つ機器にしたい」と話す。

◇ 「真っすぐ歩けた」

「失明者は少しでも光が見えるとうれしい。この治療法が世の中に広まってほしい」。
不二門教授らの臨床研究に協力し、効果を実感した神戸市西区のしんきゅう師、榊原道真(みちまさ)さん(63)は
一日も早い実用化を願う。

網膜色素変性症を発症したのは20代後半だった。
次第に視力が落ち、道で人とぶつかるように。光をほぼ失い、1997年に視覚障害1級と認定された。

2014年6月、主治医だった不二門教授の話を聞いて人工網膜の装着手術を受けた。
鏡をかけると、闇夜に物体が浮かんでいるように見えた。
不思議な感覚だったが、床の白線に沿って真っすぐ歩く能力が向上。
また、仕事中は眼鏡を外していたが、不思議なことに、おきゅうに使うライターの火が見えるようになった。

臨床研究は15年に終わり、電子機器や電極チップは取り外したが、
今も視力回復の効果が続いているという。「使い続ければ、裸眼の視力が上がる効果があるのかもしれない。
機会があれば、また使いたい」と話した。

京阪電鉄 大津市内4駅の名称変更へ

2017.02.13 15:34|情報
以下、毎日新聞 より引用

******************************************************

京阪電気鉄道は13日、大津市内の「浜大津」を「びわ湖浜大津」に、「坂本」を「坂本比叡山口」にするなど
4駅の名称を変更すると発表した。
同市は案内表示変更などを支援するための補助金1500万円を新年度予算案に計上した。
変更は2018年3月ごろ。

改称で市内の重要な観光資源「琵琶湖」や「比叡山」の名称の露出度を高め、国内外からの観光客増加を期待する。
他の駅名変更は「皇子山」を「京阪大津京」に、「別所」を「大津市役所前」にして、
JR大津京駅との連絡性などを分かりやすくする。

奈良県議会 手話通訳

2017.02.10 15:55|情報
以下、ろうあ大和2月号より引用

******************************************************

奈良県議会2月定例会より、手話通訳がついたインターネット中継が始まります。

2月27日(月)
3月3日(金)
  6日(月)
  7日(火)
  8日(水)
  9日(木)

ぜひご覧ください。
皆さまからのご意見・ご感想を、お待ちしております。

字幕付き邦画上映会

2017.02.02 17:17|お知らせ
以下、奈良県中途失聴・難聴者協会 よりご案内です。

******************************************************

平成28年度奈良県中央善意銀行助成事業として、
聞こえない人も聞こえる人もともに楽しむ字幕付き邦画上映会を行います。

 日時:2017年2月26日(日)
 場所:奈良県社会福祉総合センター 大ホール
 上映:①10時30分~12時30分 ②13時30分~15時30分

 日時:2017年3月26日(日)
 場所:奈良県文化会館 小ホール
 上映:13時~15時

いずれも無料です。
たくさんのお越しをお待ちしています。

主催:奈良県中途失聴・難聴者協会
お問い合わせ:奈良県聴覚障害者支援センター
 (奈良県中途失聴・難聴者協会に繋ぎます)

******************************************************

レッツゴー、ドロボー。

刑法39条があるから大丈夫!?
兄と弟がつむぎだす、緊張感ゼロのドロボームービー。

ダウン症の青年が主役を演じる、意外と社会派?コメディー!
39(サンキュー)窃盗団 ← クリック

gyoji20170226.jpg
| 2017.02 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ