手話で暮らせるサ高住

2017.05.23 09:31|情報
以下、福祉新聞 より引用

*****************************************************

◇全国初、ほほえみの郷

60歳以上の聴覚障害者が手話を使って住めるサービス付き高齢者向け住宅(サ高住)「ほほえみの郷」が
4月1日、札幌市内でオープンした。
公益社団法人札幌聴覚障害者協会(渋谷雄幸理事長)が40年来の悲願を達成し、
聞こえないことを気にせずに暮らせる場を設けた。
同協会はこうしたサ高住は全国初だとしている。

「一般の老人ホームでは聞こえる人ばかりで退屈だ」「手話のわからない職員には希望を伝えられない」―――。

渋谷理事長によると、手話を使って暮らせる高齢者用の住まいを求める声は1970年代から上がっていた。
その当時750人いた会員は現在440人。
会員減の一方で高齢化は進み、7割が50代以上だという。

満を持して解説されたほほえみの郷は3階建てで2、3階が居室。2人部屋を含む20戸に最大24人が暮らせる。
1人部屋の場合、負担は家賃、食費などを含め月10万~12万。1階には同協会の小規模多機能型居宅介護事業所が入った。

4月26日までに12戸に14人が入居。
要支援・要介護と認定された人がほとんどで、日中は1階に通って介護を受けたり字幕付きのテレビを見て団らんしたりする。
小規模多機能の職員は10人で手話を使いこなし、聴覚障害者も4人いる。

妻(82)と入居した宮内昭治さん(86)は16歳のころからの同協会会員。
炊事など家事がおぼつかなくなったため「ほほえみの郷」を選んだ。
幼少期にろう学校で手話を禁じられ、隠れて手話を使ったり、字幕のついた外国映画をコッソリ観たりした世代だ。

隣近所との会話がなかった以前の住まいとは異なり、手話を使って“雑談”できる今の生活は快適だとし、
「いつまでもこの暮らしが続いてほしい」と笑う。
渋谷理事長は「ほほえみの郷は単なる住まいではなく、聴覚障害者が歩んできた道を次の世代に伝える場でありたい」と
話している。
スポンサーサイト

授業科目に「手話語」 北海道の高校、「手話は言語」

2017.05.22 12:55|情報
以下、朝日新聞DIGITAL より引用

*****************************************************

北海道石狩市の道立石狩翔陽高校(藤井勝弘校長)で、今年度から「手話語」の授業が始まった。
手話を「言語」と位置づけ、その理論を学んだり、実際にやってみたりする全国でも珍しい試みだ。
高校や市は、将来の「手話言語法」制定を見据えている。

■理論と実践、年70時間 高2の選択科目

同校は総合学科制。「手話語」は2年生の選択科目で、今年度は16人が学んでいる。
来年度からは3年生も対象になる。

4月の授業では、明治維新から現在までの「ろう者」への差別の歴史や権利獲得の過程を学んだ。
5月25日に創立70年を迎える全日本ろうあ連盟(東京)が制作したドキュメンタリー映画「段また段を成して」も鑑賞した。

年間70時間の授業では「実践」として手話を学ぶほか、「理論」として、
ろう教育の歴史や聴覚障害者にとって手話こそが言語であることも学ぶ。
全日本ろうあ連盟は「コミュニケーション方法として手話を取り入れる学校はあるが、
 『言語』として位置づける授業は、把握している限り初めて」という。

「理論」の講師は、北海道ろうあ連盟の佐藤英治副理事長(71)。
声と手話で授業を進めるが、市の専任手話通訳者も同席し、生徒が内容を理解しにくい時に手助けする。

「実践」の授業では、石狩聴力障害者協会の杉本五郎会長(70)が受け持ち、
「手話は見る言葉。とにかくよく見て」と手話で伝え、通訳者が言葉に出していく。

「『川』は3本の指を上から下げるんだ」「『谷』は両手を近づけて谷の形を作るのか」。
隣の生徒と手の動きを確認しながら授業は進む。
2年生の谷内田綾乃さん(16)は
「手話は初めてで不安な部分もあるけれど、手話を覚えて会話ができるようになりたい」と話した。

授業では、北海道の先住民族・アイヌの歴史も学ぶ予定だ。
佐藤さんは「明治期にアイヌ語が事実上禁止され、その結果アイヌ語を話せる人が少なくなった。
言葉を禁じることは、文化を奪うことになる」といい、かつてろう教育が「口話」に偏重し、
手話が遠ざけられたこととの共通点を指摘した。

■「手話は言語」 全国で条例制定の動きも

手話を言語と位置付けて普及させる取り組みは、国内外に広がっている。
2013年10月、鳥取県が全国に先駆けて「手話言語条例」を制定した。
全日本ろうあ連盟によると、今年3月末までに13府県75市9町で同様の条例ができている。
世界では、韓国やブラジルなど30カ国余りで手話を言語として認める法律ができているという。

石狩市が「手話基本条例」を制定したのは13年12月。鳥取県の条例と同じ内容で、市町村では全国初だった。
聴覚障害者がテレビ電話を通じて手話通訳者と話せるサービスを始め、病院の予約などに活用されている。
市内の小中学校では手話講座も開かれている。

手話語授業の導入に取り組んだ教諭の一人、生田政志さん(51)は大学で手話を学んだ。
同校ボランティア局の顧問で、手話を活動の重点に置いている。

生田さんの背中を押したのは、中学校で手話に親しんできた生徒の質問だった。
「選択科目に中国語やロシア語はあるのに、どうして『手話語』はないんですか」

生田さんは「地域の高校としてできることをしたい」と、15年から市や聴覚障害者団体と
手話語授業の実現に向けて話し合ってきた。
「単に手話の方法だけを学ぶことには違和感があった。『耳が聞こえない人にとって、手話は言語なのだ』ということを、
 生徒たちに実感してもらいたい」と話す。

授業の目標には、手話言語法の意義と目的を学ぶことも掲げられている。
全日本ろうあ連盟は、ろう者の基本的人権を保障するため、手話を言語として使える環境を法的に整えるよう求めている。
同連盟によると、全国すべての地方議会が、法律の整備を国に求める意見書を採択しているが、
国会での動きはまだないという。

石狩市の田岡克介市長(71)は「全国手話言語市区長会」の会長を務め、手話言語法の制定を国に働きかけている。
手話語の講師を務める杉本さんらとの懇談がきっかけだった。

「手話基本条例ができたことで、聴覚障害者団体を含めた地域教育に結びついた。
 高校生たちは社会に出ていき、手話は言語だということの伝道者になってくれる。
 地方で地道な活動を続けることが、手話言語法の実現に結びついていくはずだ」と期待する。

『偏見と差別のない街づくりをめざして』記念講演ご案内

2017.05.18 13:34|情報
手話通訳がついている講演のご紹介です。

*****************************************************

『偏見と差別のない街づくりをめざして』
 ~障がい・虐待・いじめをのり越え、希望を持って最後まで諦めない~

講師 清水 辰馬 氏
   (障害者差別をなくす条例推進委員会事務局長)
日時 2017年6月7日(水) 14時~15時30分
   * 13時30分~14時は、主催団体の総会があります
場所 奈良県社会福祉総合センター 6階大ホール
入場料 無料

日本語字幕版上映スケジュールのご案内

2017.05.15 15:48|字幕付映画
東宝株式会社 西日本映画営業部より、情報提供です。

*****************************************************

「ちょっと今から仕事やめてくる」  日本語字幕版上映劇場

奈良県 TOHOシネマズ橿原
2017年6月21日~24日(4日間)

FAX 0744-21-6060

なお、変更がある場合もございます。
上映回数・上映開始時間も含め、
お出かけの際は念のため各劇場に
ご確認くださいますよう、よろしくお願いします。

ライブラリー情報

2017.05.10 09:13|ライブラリー・DVD
自主制作DVD 第21弾
「手話で絵本の読み聞かせ」(字幕/音声なし)の貸し出しが、始まりました。

img_20170510.jpg

「3びきのやぎのがらがらどん」と
「くれよんのくろくん」です。
どうぞ、お手に取ってみてくださいね。

障害のある人もない人もともに暮らしやすい社会へ

2017.05.02 15:50|制度
以下、奈良県民だより より引用

*****************************************************

県では、障害のある人もない人もともに安心して幸せに暮らしていくことができる奈良県づくりを目指して、
さまざまな取り組みを進めています。

◇奈良県手話言語条例が制定されました!(平成29年4月1日施行)

この条例では、県の責務、市町村との連携・協力、県民・事業者の役割などを定めています。

     = 詳しくはこちら =

*****************************************************

jyouhou20170501.jpg
| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ