「さわれる検索」盲学校で活用

2013.11.19 13:11|情報
以下、NHK NEWS WEBより引用

*******************************************************************

インターネットで検索すると、検索した物の立体模型を作り出す最新の装置が
埼玉県川越市の盲学校に貸し出され、
視覚障害のある子どもたちが模型の感触を確かめました。

さわれる検索」と名付けられたこの装置は、
インターネットと3Dプリンターをつなぎ合わせたもので
インターネット検索大手の「ヤフー」が開発しました。
音声を入力して検索すると、ネット上の3Dデータを探し出し
このデータを基に樹脂で立体模型を作り出します。

この装置が県立の盲学校「塙保己一学園」に
18日から1か月貸し出されることになり
早速装置を使った初めての授業が行われました。

子どもたちは「東京スカイツリー」や「富士山」などと声を出して検索したあと
作り出された模型を手に取って形を確かめていました。

開発した大手検索会社によりますと、
この装置で検索をして模型を作り出せるのは
現在はネット上に3Dデータがある240種類ですが
来月には10万種類ほどに増えるということです。

装置を体験した小学部3年の野々村巧くんは
「スカイツリーの上の部分に丸い展望台があることが分かりました」と話していました。

「塙保己一学園」の若山美奈子教諭は
「実際に触ることで物の形や特徴が把握しやすくなったと思います。
 授業でも活用したいです」と話していました。
スポンサーサイト
| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ