国連障害者権利条約:早期批准求める 参院委で関係団体

2013.11.30 16:47|制度
以下、毎日新聞より引用

*****************************************************************

障害のある人への差別をなくし、社会参加を促す
国連障害者権利条約の承認案を巡り
参議院外交・防衛委員会で28日、参考人質疑があった。
障害者団体役員や研究者ら4人は早期批准を求めながらも
「批准をゴールではなくスタートに」として
国内法を条約に見合うよう是正すべきだと訴えた。

車椅子を利用する尾上浩二・DPI日本会議事務局長は
「悪意がなくても『障害者はかわいそう』という見方は根強い。
 障害自体が悪いのでなく周囲の環境次第だ」と述べた。

知的障害の息子がいる久保厚子・全日本手をつなぐ育成会理事長は
「『親亡き後はどうなる』でなく、障害のある子に見送られようと活動している。
 批准をどんなに障害が重くても地域で暮らせるスタートに」と話した。

また、視覚障害のある藤井克徳・日本障害フォーラム幹事会議長は
条約の実施や監視のため内閣府の機能強化が必要とし
「(批准する以上)権利条約に恥をかかせないでと国会や政府にお願いする」と訴えた。

条約は138カ国・機関が批准。承認案は19日に衆院を全会一致で通過した。
スポンサーサイト
| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ