生命(いのち)のことづけ

2014.07.24 13:15|行事報告
7月23日(水) 当センター 研修室において
「生命(いのち)のことづけ~死亡率2倍 障害のある人たちの 3.11~」の
上映会を行いました。

参加者は17名。

img_2014072301.jpg

内容は、東日本大地震のときの様子です。
避難所では「出て行け」と言われ、情報も支援も届かず
避難指示区域内で孤立するという、過酷な現実。
障害に対し、どの支援があれば命を助けられたのかを
今後の復興と地域作りに向け、探る作品です。
とても考えさせられる内容でした。

上映会後は、当センター所長の長谷川が
「防災について」の講演を行いました。

img_2014072302.jpg

東日本大地震直後の全日本ろうあ連盟の動きと
3年前の台風12号による被害にあった聴覚障害者への対応
避難勧告と避難指示の違いの説明などがありました。

みなさん、発令種類の違いをよく理解し、自らの身を守りましょう。
また、危険を感じる場合は自己判断で、早めに避難することも大切です。

日頃から、防災を意識した生活を送るよう心がけましょう。
スポンサーサイト
| 2017.07 |
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ