視覚障害者とゲーム

2014.11.13 18:01|情報
以下、YOMIURI ONLINEより引用

*************************************************

武蔵野美術大学(小平市)出身のデザイナーらが、
視覚障害者と健常者が一緒に遊べるボードゲーム「アラビアの壺」を制作し
今月から販売を始めた。
音を聞き分けたり、重さを比べたりして楽しめるゲームで、
作り手の濱田隆史さん(30)は
「障害の有無にかかわらず、多くの人が楽しめる娯楽を増やしていきたい」と話している。

アラビアの壺は、手のひらサイズの九つの壺を
九つの升目が書かれたボードに置き、並び替えて遊ぶ。
壺には鈴かビー玉、玩具の弾のいずれかが入っており、
同じ音が鳴る壺を升目の縦か横、斜めに並べた人が勝ち。
2人から6人で遊ぶことができる。
視覚に頼らないため、視覚障害者と健常者が共に楽しめる。

発案した濱田さんは同大造形学部工芸工業デザイン学科卒。
映像ゲーム会社の企画担当を経て今春独立し、国分寺市に事務所を構えた。
子どもの頃から大のゲーム好きで、
卒業制作で耳が聞こえない人のためのキーボードを作った経験などから
障害者が楽しめるゲームを増やしたいと、会社員時代から100のアイデアを温めていた。

同大の同級生の佐藤仁さん(29)、後輩の梶川晴香さん(26)も仲間に加わり、
10月に第1弾商品としてアラビアの壺を完成させた。
濱田さんは「障害者も参加できるゲームを考えると、結果的に今までにないアイデアが生まれ
健常者にとっても面白いものができる可能性がある」と話し、
今後もゲームを通じた交流会の開催や新作の開発を予定している。

アラビアの壺は当面、税別5800円で販売。
問い合わせや購入は専用ホームページから。
スポンサーサイト
| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ