【あふれる笑顔】15年間「会話」を知らなかった少年が、手話を知った瞬間

2015.01.14 09:17|情報
以下、TABI LABO より引用

***************************************************

ウガンダに住む15歳の少年・パトリック。
耳が聞こえない彼の住むサハラ以南のアフリカでは聾学校は少なく、
手話を覚える機会もないまま成長してきた。
一緒に暮らしてきた父親でさえ、簡単な身ぶり手ぶりでしか
コミュニケーションできなかった。

しかし、彼が住んでいる地域に手話の先生がやってきたことで彼の人生は変わる。
手話の教室が開かれるようになり、生まれて初めて手話の授業を受けた彼は、
ジェスチャーで言葉を表現できることを知り、明るい表情へと変わった。

10週間後、手話をマスターしたパトリックには新たな生活が待っていた。
1つの言語を手に入れるということは、1つの世界を手に入れることでもある。

パトリックは語る。
「とてもハッピーだ、友達もたくさんいる。将来は難聴の人々に教えることができる教師になりたい」
スポンサーサイト
| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ