2015聞こえの相談会

2015.09.28 11:31|行事報告
9月27日(日)奈良県社会福祉総合センターにおいて
奈良県立医科大学耳鼻咽喉科 学内講師 西村 忠己(ただし)先生を
お招きし、2015年度 聞こえの相談会を行いました。

img_2015092701.jpg

これまでは11月に開いていましたが、諸般の事情により、今年度と来年度は9月開催。
特に今年度は周知に時間が足りず、参加者が少ないのでは?と心配しましたが
大阪・兵庫・三重からもお越しいただき、結果的には50名を超す会となりました。

img_2015092702.jpg

当センターのホームページやブログを見て
駆けつけてくださった方もいらしたようです。

img_2015092703.jpg

パソコン要約筆記の情報保障を活用し、熱心にメモをされる姿もありました。

img_2015092706.jpg

聴覚障害は、外見で障害の有無がわからないうえ、
中途失聴者や難聴者は発語のできる人が多く、
周囲から適切な援助を受けにくい状況にあります。

豊かなコミュニケーションには、話し手の協力も必要ですが
配慮の仕方がわからない人が多いというのが現状ではないでしょうか。

誰にでもできる反面、ついなおざりにしてしまいがちなことでもあるように思います。
中途失聴・難聴者にとって、周囲の理解がどれだけ心強く必要なものなのか、
いま一度 確認したいですね。


先生の講演の後は、補聴器・人工内耳装用者の体験談。
今年もおふたりの方に、お話しいただきました。

img_2015092718.jpg img_2015092719.jpg

聞こえに異変を感じたときの様子や、聴力が落ちていくことへの受け入れ難さ、
手術に対する迷い・決断などのお話に、
身を乗り出して聞き入る方がほとんどでした。

今年は特に、機器の相談をしたいという方が多く、
出展店のみなさまにも、大変お世話になりました。

img_2015092711.jpg img_2015092712.jpg img_2015092713.jpg

img_2015092714.jpg img_2015092716.jpg

コクレアのケイシーちゃんは、
聞こえの相談会事業が当センターに移行してから、皆勤賞。
リラックスして広報活動してくれている様子が見てとれます。

img_2015092723.jpg

今回は、バイオニクスのバディくんが、初登場。
東京から前日入りで来てくれました。

img_2015092720.jpg img_2015092721.jpg

疲れを見せぬこの笑顔!
バディくん、人工内耳装用です。

来年も、盛会となりますように。
参加者の方、出展店・スタッフのみなさま、お疲れさまでした。

***************************************************

◇ 話し手の協力

 1) 話し始める前に注意を促す
 2) 口をはっきり見せて話す
 3) ゆっくり、はっきり、区切りながら話す
 4) 補聴器のマイクに向かって話す
 5) 理解したか確かめながら話す
 6) わかりやすい表現を使う
 7) 伝わらないときは別の表現に言い換える
 8) 会話を妨げる音声や雑音が入らない環境を作る
スポンサーサイト
| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ