視覚障害者が操作できるATMは8割 金融庁が銀行や信金を調査

2015.08.18 11:34|情報
以下、福祉新聞 より引用

****************************************************

金融庁が7月22日に発表した「障害者等に配慮した取り組みに関するアンケート調査」の結果で、
全国の金融機関(銀行、信用金庫、農協など)に置かれたATMのうち、
視覚障害者が自分で操作できるATMが78%あることが分かった。
全国1407機関を対象に今年3月末時点の対応状況を聞いた。

1407機関の本支店・出張所12万885店舗に設置されたATMは、計16万8404台。
視覚障害者対応ATMは8万8091店舗(全体の73%)に13万1687台(78%)置かれていた。
また4万4054台(26%)に文字拡大機能が、
3万9123台(23%)に視覚障害者単独で暗証番号が変更できる機能が付いていた。

車いす使用者に配慮したATMは9万2182店舗(76%)に、14万92台(83%)置かれていた。

自筆困難者への預金取引の代筆規定があるのは1401機関(99%余)、
視覚障害者への代読規定があるのは1386機関(99%)、
点字による残高通知書を発行しているのは75機関(5%)だった。

店舗設備(ネットバンク専用店舗除く)は、
3万4802店舗(29%)にスロープが、2万2431店舗(19%)に点字ブロックが、
1万9174店舗(16%)に車いす使用者用ローカウンターがそれぞれ設置されていた。
スポンサーサイト
| 2017.09 |
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ