となりの障害-難聴になって④

2016.01.30 10:19|情報
以下、③に続き 毎日新聞 より引用

*****************************************************

◇43%が転職を経験

2014年の厚生労働省の調査によると、雇用されている障害者は全国で推計43万3000人。
そのうち難聴を含む聴覚言語障害者は約5万8000人(13.4%)で、
肢体不自由(43.0%)、内臓疾患などの内部障害(28.8%)に次ぐ。
難聴者の中には、言語の取得後に突発性難聴や加齢などによって聴力が弱まった人だけではなく、
先天的な病気などで生まれつき聞こえづらい人も含まれ、置かれている状況もさまざまだ。

障害者雇用促進法により、障害者を雇用する企業は増えているが、
同調査によると43.1%の聴覚言語障害者が転職を経験しており、
就職しても、長く働き続けることの難しさが浮かび上がる。

都内の大手企業に勤める田村良夫さん(55)=仮名=は40歳の時、突然右耳に耳鳴りがし、突発性難聴と診断された。
大きな開発プロジェクト企画を担当し、部下もいた。2人の子どもは就学前だった。
半年後、左耳の聴力も低下し、「両耳の聴力が落ち続けたら、子どもを育てていけるのか」と真っ先に生活に不安を感じた。

感音性難聴のため、大声で話かけられたり、補聴器の音量を上げたりしても
語尾がはっきりと聞き取れず、会話のニュアンスが十分につかめない。
聴力が下がるにつれ、電話対応が難しくなり、会議にもついていけなくなった。

飲み会や職場の雑談からも遠ざかった。補聴器を使っても、騒がしいところでは誰が何を言ったのか聞き取れないからだ。
「会社の大切なことは飲み会のようなインフォーマルな場所で決まる。
重要事項をききもらすリスクを考えると参加できない」
上司との夜の付き合いもなくなり、開発の現場から外れた。

昨春、障害者手帳を取得し、会社に報告した。名刺にも「聴覚障害があります」と入れた。
「障害があっても受け入れられ、誰にとっても居心地が良い職場風土を作りたい」
ささいな取り組みだが、聴覚障害の同僚らと、社員食堂のあえて目立つ場所に座り、
覚えたばかりの手話で会話を試みている。


【⑤に続く】
スポンサーサイト
| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ