聴覚障害者チーム初出場

2016.04.04 10:15|情報
以下、産経新聞 より引用

*****************************************************

聴覚障害者のみで作る軟式野球チーム「ナラッキーズ]が3日、
奈良市内で行われた「第70回奈良市民体育大会軟式野球大会」に登場した。
障害者チームが奈良市軟式野球連盟の公式試合に出場するのは初めて。

ナラッキーズは、聴覚障害があっても野球を楽しみたいという人たちが昨年に結成。
17人全員が聴覚障害者で、難聴の選手もいるが、手話でコミュニケーションをとる。

この日は、無料で手話通訳を派遣する奈良市の制度を活用。
主審も簡単な手話ができる村田昌義さん(76)が務め、
試合前には手話を交えてルールを説明した。

試合は11-0と五回コールド負けを喫したが、ナラッキーズの選手たちは笑顔で試合を締めくくり、
平原有輝主将(27)は「負けて残念だが、次は1点を目指してがんばりたい」と雪辱を誓った。
一方、同連盟の池田慎久会長は「どういう課題があるか手探りだが、これをきっかけに活躍してもらいたい」と話した。
スポンサーサイト
| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ