聴覚障害者向けコミュニケーション支援機器の設置について

2016.06.17 12:48|情報
厚生労働省サイト より引用

****************************************************

本年4月1日の「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の施行に伴い、
厚生労働省に来庁される聴覚障害のある方と職員とのコミュニケーションをサポートする機器を設置しました。

○運用開始日:平成28年6月1日
○設置場所:来訪者受付(1階及び地下1階)、行政相談室、障害保健福祉部
○取組概要:
 (1)卓上型対話支援スピーカーを設置(ユニバーサル・サウンドデザイン株式会社の「コミューン」を導入)
   窓口担当者の声を高性能マイクで集音し、周波数の調整により、来朝者側の小型スピーカーから
   聞き取りやすいクリアな音声を発します。
   音声を単に大きくするのではなく、明瞭にすることでコミュニケーションを円滑化します。

 (2)以下の3つの機能を利用するため、タブレット端末を設置(株式会社プラスヴォイスに委託)
  ①遠隔手話サービス
   遠隔地にある通訳センターの手話通訳者と厚生労働省窓口をテレビ電話でつなげることにより、
   手話通訳を受けることができます。
  ②筆談アプリ「UDトーク」
   タブレット端末の画面上で筆談をすることができます。
  ③音声認識アプリ「UDトーク」
   音声認識機能により、音声をリアルタイムに文字で表示することができます。
スポンサーサイト
| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ