難聴の経験 人のために

2016.08.17 17:47|情報
以下、タウンニュース 戸塚区版 より引用

*****************************************************

「耳が悪いが、自分は恵まれている」――。
そう話すのは、下倉田町の補聴器専門店「おみみショップ」の大槻公孝さん。
長年難聴に悩み、様々な苦労を経験してきた。
現在、その経験を生かすように補聴器職人として働いている。

◇  ◇  ◇

職人としての出発点は、子どもの頃に始めた「アマチュア無線」。
試行錯誤の末に作りあげた無線機で、世界中の人とつながる体験に心躍ったという。
「小遣いのほとんどは秋葉原に消えた」と笑う。

耳が悪いことに気がついたのは、高校2年の頃だ。
無線機から流れる「ピー」というトランス音。友人は気がついているのに、自分は気がつかない。
ヘッドホンのかけすぎか、中学の頃のプール病か、抗生物質か…理由はわからなかった。

◇苦しみの連続

大学卒業後は通信関連の会社にエンジニアとして就職。アマチュア無線で培った技が大いに役だった。

一方、年齢を重ねるうちに耳の症状は悪化した。
「聴こえるなら何でもしたい」…自分に合う補聴器を求めて探し回ったが、すぐには見つからなかった。
気苦労も多かった。会議や取引先との会話に全神経を集中させなければならない。
つい雰囲気に合わせて会話をする姿を冷やかす人もいた。

ストレスでどうしようもなくなった頃、妻が言った。「なんとかなると思うから辞めてもいいよ」。
その言葉で、25年務めた会社を退職する決心をした。

退職からしばらくして、ある補聴器職人と出会う。彼も難聴だった。
「聴こえない苦しみをわかってもらえた」。その補聴器で、久々に「聴こえる」体験をした。

◇経験を生かして

「聴こえないからできることがある」と考えた大槻さん。
持前の技術を生かし、自分でも補聴器の調整をするようになり「おみみショップ」を立ち上げるに至る。

「耳が悪い」と言っても、人によって悪い部分は千差万別。だからこそ微妙な調整ができる職人の存在は必要だという。
「補聴器は恥ずかしいと思われがちだが、つけた方が良い生活になる。頼りになる補聴器屋に、早めに相談を」と話した。
スポンサーサイト
| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ