みんなの卒業証書に! - 吉野北小6年生が「紙漉き」

2016.12.16 14:40|情報
以下、奈良新聞WEB より引用

*****************************************************

吉野町平尾の町立吉野北小学校(藤井登志夫校長)の6年生15人が14日、卒業証書に使う用紙の紙漉(す)きをした。
地元の職人2人がサポート。クラスメートと力を合わせて仕上げた。

春から原料のコウゾを育て、11月に収穫。煮たコウゾをたたいて繊維をつぶすなどの行程も行った。

証書づくりでは、教室に設置したすき舟で両手で簀(す)を揺らして紙を漉き、校章の透かしも入れた。

コウゾについたごみや黒い皮を丁寧に取り除くと、漉き上がりは美しい白さ。
高橋龍樹君(12)は「きょうまで頑張って作業をした。
これが卒業証書になると思うとわくわくする」と達成感を口にした。
また、北本優羽さん(12)は「6年間楽しかったけど、卒業もうれしい。みんなと一緒に上手に紙漉きができた」と喜んだ。

卒業証書は校長が筆書きして仕上げることになっている。 
スポンサーサイト
| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ