悩みや手術の経過語る 手話講演とトーク

2017.04.19 19:08|情報
以下、奈良新聞 より引用

*****************************************************

桜井市聴覚障害者協会(西手基雄会長)の「怜香さんと聾(ろう)チャップリン・トークショー」が
同市桜井の旧市福祉センターで開かれた。
全国から参加した約140人の聴覚障害者が、ろうあ者として全国で初めて性別適合手術で性転換した
古谷怜香さん(40)の講演などに聞き入った。

同じ悩みを持つ聴覚障害者へのヒントになればと古谷さんらが企画。
公演はすべて手話で行われ、若いころから抱いていた性同一性障害に関連する悩みや、
性転換手術に至った経緯などを語った。

講演後には、パントマイムで著名な芳本光司さん(58)が、喜劇王チャップリンにふんし、
古谷さんと手話でトークを繰り広げた。
また、会場の参加者からは、手術や性転換後の生活などについて数多くの質問がされた。
スポンサーサイト
| 2017.05 |
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ