力強い演技に歓声 - 県立ろう学校演劇部が熱演

2017.09.22 14:06|情報
以下、奈良新聞WEB より引用

*****************************************************

大和郡山市丹後庄町の県立ろう学校(永安直子校長)の演劇部が21日、
川西町結崎の川西文化会館で開かれた県高等学校演劇発表会C地区大会に出演した。
本年度高校演劇コンクール発表作品「ある日、ぼくらは夢の中で出会う」を上演。
全身を使ったダイナミックな手話で会話を表現した演技などに、観客から大きな拍手、歓声が沸き上がった。

高等部の部員4人が刑事、誘拐犯各4人を一人二役でそれぞれ熱演。
背景に映し出される字幕も同部員が担当するなど、躍動感あふれる舞台を作り上げた。

顧問の綿井智子教諭は「虚構と現実の世界が入り混じり、観客が混乱するような世界を描いた」と
出来栄えに手ごたえを口にした。

また自身の出演を終えて鑑賞していた、県立高取国際高校1年の 小林 彩乃さん(15)は
「出演者の動きのキレがすごい。物語と音響もよくマッチしていた。
 刑事と犯人の入り組んだストーリーが面白かった」と話した。
スポンサーサイト
| 2017.11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

NDSセンター

Author:NDSセンター

カテゴリ

最新記事

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR

ページトップへ